母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

ぬりえは子供の教育にお勧め?脳トレ効果あり?

      2019/09/29

子供が大好きな『ぬりえ』。

実は、ぬりえは子供の成長にとってよい効果があるのだとか。

みなさんは、大人向けのぬりえが密かなブームになっているのをご存知ですか?

大人のぬりえブームの火付け役は、認知症予防を目的した「脳トレぬり絵」ですが、このぬりえの脳トレ効果は子供にも当てはまるようです。

 

今回は「ぬりえが脳に与える影響」について見て行きます。

 

スポンサーリンク

ぬりえは子供の教育に効果あり?

小さなお子様がいる家庭であれば、ぬりえは定番の遊びだと思います。

我が家の下の子は毎日のようにぬりえをしています。

ぬりえは「色を塗って楽しむもの」ですが、実はぬりえはただ楽しいだけではありません。

ここではぬりえが与える子供へのメリットについて見て行きます。

 

運筆力が上がる

運筆力とは、鉛筆を動かす力のことです。

字を書いたり色を塗ったりするには、自由自在に筆を動かす運筆力が必要です。

ぬりえやお絵描きは、小さなお子様が初めて筆記用具を使うきっかけとなるものですが、運筆力を上げるには筆圧をコントロールする力が大切なので、色の濃淡をつけるぬりえは運筆力を上げるために効果的だと言えます。

最初はクレヨンの握り方もぎこちなかった子供が、次第にクレヨンや色鉛筆を上手に握ってキレイに色を塗れるようになっていくのは運筆力が上がった証拠だと言えるでしょう。

色彩感覚がつく

ぬりえを始めたばかりの子供は「一色描き」しがちです。

なんでも同じ色でぐじゃぐじゃと塗って行きますよね?

しかし、ぬりえを続けていくと少しずつ変化が出てきます。

一色だったものが二色になり、次第にたくさんの色を自分で選んで塗り始めるようになります。

こうして子供は色彩感覚を身に着けて行きます。

集中力がつく

ぬりえを線からはみ出さないように丁寧に塗っていく作業は集中力が必要です。

ですから、ぬりえをすることで子供に集中力がつきます。

また、色には人の感情や精神に働きかける作用もありますので、リラックスしたり集中力や記憶力を高めるとされる青系の色をたくさん使うぬりえであれば、精神が落ち着きさらに集中力を高めることが期待できるでしょう。

達成感を得られる

真っ白な状態から色とりどりな状態へぬりえを完成させることで、子どもはやり遂げたという「達成感」を感じることができます。

その証拠に、ぬりえを完成させると必ず「できたよ!」と自慢げに見せに来ますよね?

このような「自分で最後までできた」という経験を繰り返すことは、子供の自信にも繋がって行きます。

 

このように、ぬりえは子供にとって「楽しさ」だけでなく、「心身の発達」にも良い効果をもたらすと言えそうです。

 

スポンサーリンク

ぬりえで脳トレできる?

認知症予防の権威である朝田隆教授は、ぬりえの脳トレ効果に着目し認知症の予防に役立てています。

本当にぬりえには、脳を活性化する「脳トレ効果」があるのでしょうか?

ここではぬりえが脳を活性化するというメカニズムについてご紹介します。

 

ぬりえで脳が活性化するメカニズム

◆頭頂葉の活性化

脳のてっぺっんより後ろ側に位置する『頭頂葉』。

頭頂葉は、熱い・冷たいなどの感覚情報や目をつぶっていても触れたものを認識できる接触能力を司っているほか、空間を把握する役割を持っています。

つまり、ぬりえに描かれている平面の絵を立体的に捉えたり、ぬりえの構図を把握することによって、頭頂葉が活性化されます。

 

◆前頭葉の活性化

脳の前方にある『前頭葉』は、思考や創造や意思を司る部分です。

色を塗る順番、どこにどの色を塗るかといった場所の把握、色の組み合わせの決定、自由な発想と創造など高度な考えを必要とするぬりえは前頭葉を活性化させます。

 

◆側頭葉の活性化

耳の周辺にある『側頭葉』は、聴覚を理解するほか、記憶力や判断力を司っています。

ぬりえは、色を塗るときに「過去の記憶」を呼び起こしたり、ぬりえをどう仕上げるかといった判断力が必要ですから、側頭葉が活性化されるのです。

 

◆後頭葉

脳の後ろ側にある『後頭葉』は、色や形などの視覚情報を司っています。

下絵を読み取るところ始まり色を塗って仕上げて行くまでの間、ずっと活性化されている部分だと言えます。

 

こうしてみると、ぬりえをしている最中の脳はフル稼働していることがわかります。

ぬりえで脳が活性化されるのは間違いではありませんから、ぬりえには脳トレ効果があると言えそうですね。

まとめ

脳全体を使って作業するぬりえは、子供にとっても脳トレ効果があることが分かりました。

つまり、同じ娯楽であるテレビやゲームをさせるよりも、ぬりえをさせた方が頭のいい子に育てられそうではありませんか?

また、ぬりえは勉強に必要な「筆記用具を使う」という練習にもなります。

タブレットの画面をタッチするだけでば書く力は上達しませんから、ぜひ楽しみながら子供の教育にぬりえを役立てたいものですね。

ただぬりえの脳トレ効果も大切ですが、特に幼少期のお子様にとっては「親と一緒にぬりえをする時間」も欠かせないものです。

子供一人でぬりえをさせていると子供自身がすぐに飽きてしまい、ぬりえの脳トレ効果は期待できなくなってしまいますから、ぬりえをするときは親子で一緒に楽しむようにして下さいね。

スポンサーリンク

 - 教育全般・脳トレ・お手伝い

  関連記事

勉強効率UP!正しい姿勢と椅子の高さは?

「勉強への効率が悪い」「長時間集中できない」   このような悩みはよく …

フリースクールで義務教育が修了できる?問題点は?

現在、日本における不登校の生徒の数は約70万人に上ると言われています。 そして不 …

読解力とは何?子供の読解力低下の原因は?

最近では、「子供の読解力が低下している」と話題になることが少なくありませんが、そ …

読書が与える子供へのメリットは?学力にも影響あり?

一般的に「読書をすることは良いことだ」と言われており、学校でも読書週間などが設け …

子供の手伝い!料理は何歳からやらせる?

子供にお手伝いをさせると、いろんなメリットがあると言われています。 例えば、人の …

料理で脳が活性化?料理と脳の関係は?

働く主婦である私は、毎日必ず料理をします。 我が家には育ち盛りの子供3人とよく食 …

掃除で脳トレ?どんな掃除が効果的?

脳を活性化させるためにはさまざまな方法があるようですが、その中の一つに「掃除」が …

シュタイナー教育にはどんな問題点があるの?

シュタイナー教育という言葉をご存知でしょうか? 人気俳優が受けていた教育というこ …