母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

頭が良くなる(?)食べ物【カレー】

      2019/11/28

TV番組や著名な大学教授が「頭が良くなる食べ物」として取り上げている「カレー」。

本当にカレーを食べると頭が良くなるのでしょうか?

私は月1回くらいのペースでカレーを作っていますが…。

いったいカレーの「何が」頭をよくさせるのでしょうか?

そして、どんなカレーでも効果は期待できるのでしょうか?

 

今回は「カレーが持つ脳への働き」や「お勧めのカレーの食べ方」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

頭が良くなる食べ物なんてあるの?

私達の身体は私達が口にしたものから作られます。

ということは、頭を良くするためにも食べ物には注意を払ったほうがよいのでしょうか?

 

答えは、YESです。

頭の回転を良くしたり集中力や暗記力を上げるには、やはり食べ物は欠かせません。

では具体的に、何を食べると脳が活性化するのか見て行きます。

 

魚に多く含まれる「DHA」は記憶力を向上させるといわれています。

特に青魚にDHAは多く含まれていますから、青魚は脳の活性化に役立つ食品だと言えます。

フルーツ

脳を活性化させる働きがあるとされる「ビタミンC」がフルーツには多く含まれています。

またフルーツには脳のエネルギー源である「ブドウ糖」も多く含まれています。

疲れた脳にブドウ糖を送り込むと記憶力が良くなるといわれていますから、脳の働きをよくする「ビタミンCとブドウ糖」が両方とも含まれているフルーツは脳の働きをサポートする食べ物だと言えるでしょう。

ガム

ガムそのものに、脳によい栄養素が含まれているわけではありません。

ただ、噛むという行為は脳を刺激し脳を活性化させます。

日本で行った調査によると、よく噛む子の知能指数は高いとの結果も出ています。

ですから、長時間噛み続けられるガムは頭をよく働かせるために有効だと言えますね。

カレー

カレーに含まれる香辛料(スパイス)には脳を活性化させる働きがあるそうです。

このスパイスの作用によって「カレーは頭に良い食べ物」と言われているようです。

 

スポンサーリンク

カレーが頭を良くする?その実験結果は?

脳科学者の茂木健一郎氏が発表した研究によると、カレーを食べると偏差値が「7」も上がるという結果が出ています。

ここからは、「カレーが脳に与えた実験結果」を見ていきましょう。

(*参考:「脳科学からみたカレーのチカラ」

カレー群と比較食群における実験結果

◇カレーを食べた人と比較食を食べた人で実験を行ったところ、比較食を食べた人達の一問あたりの回答時間は約0.5秒遅くなった。一方、カレーを食べた人達の一問あたりの回答時間は約0.4秒速くなった。

◇カレーを食べた人は、課題に取り組んでいる間の脳の神経活動が上昇した。その結果、回答時間が短縮されたと考えられる。

◇カレーの香りを嗅ぎ・摂取することによって、脳の司令塔である背外側前頭前皮質の活動が活性化されることが分かった。

 

このように、カレーを食べると脳が活性化され、IQに換算すると「7」上がることがこの実験の結果として出ました。

頭を良くするために!カレーを食べるときの工夫は?

カレーと脳の関係を示す実験結果からわかったように、カレーは脳の働きを良くするようです。

しかし、より一層カレーの効果を期待するのであれば「食べ方」にも工夫した方がいいそうですよ。

ここでは、「頭をよくするためのカレーの食べ方」についてご紹介していきたいと思います。

 

カレーを食べるなら朝!

カレーを食べることによって、脳の血流量が2~4%も増加することが分かっています。

そのため、眠っていた脳を覚まして働かせるために、カレーは朝食に食べた方がよいようです。

 

煮込み過ぎるのはNG!

一日かけて煮込んだカレーは美味しいですよね。

しかし、カレーの脳への効果を期待するのであれば、カレーを煮込み過ぎのはよくありません!

なぜなら、スパイスは熱に弱い性質があるため、カレーを煮込み過ぎると香りが飛んでしまうからです。

カレーの脳への働きは、この香りによるものですから、カレーの風味を損なわないようにするために煮込む時間は30分程度までにしておきましょう。

 

ちなみに、「カレーは辛い」というイメージがありますが、脳に良い影響を与えるのはスパイスの香りなので、辛くないカレーでも問題ありません。

まとめ

カレーが脳によい影響を与えることは様々な実験結果から報告されていますが、これはカレーの材料であるスパイスに秘密があったようです。

日本のカレーはそこまで辛くないですしカレー好きな子供は多いですから、お子さんのテストや受験、もちろん日々の勉強対策にも、定期的にカレーを作ってあげてはいかがでしょうか?

また、カレーのいいところは一皿で炭水化物・たんぱく質・ビタミンなどの栄養がとれること。

これらの栄養素はすべて脳の働きに必要なものですから、肉や野菜をたっぷり入れたカレーであれば、集中力をアップさせる最強メニューとなること間違いなしですね!

ぜひ、様々なアレンジカレーに挑戦し、お子様の学力アップを応援してあげて下さい。

 

スポンサーリンク

 - 教育全般・脳トレ・お手伝い

  関連記事

シュタイナー教育にはどんな問題点があるの?

シュタイナー教育という言葉をご存知でしょうか? 人気俳優が受けていた教育というこ …

子供のお手伝いは面倒?イライラしない方法は?

子供にとってお手伝いは学びの場。 人の役に立つことの嬉しさや満足感を感じたり、生 …

子供の手伝いは当たり前?手伝いしたら小遣いあげる?

皆さん、お子様にお手伝いをさせていますか? 小さいうちはママの真似事が大好きです …

子供と海外旅行!教育へのメリットは?

現代のグローバル化の動きに合わせて、世界に通用できる子供に育てたいと考える親御さ …

掃除で脳トレ?どんな掃除が効果的?

脳を活性化させるためにはさまざまな方法があるようですが、その中の一つに「掃除」が …

勉強効率UP!正しい姿勢と椅子の高さは?

「勉強への効率が悪い」「長時間集中できない」   このような悩みはよく …

ぬりえは子供の教育にお勧め?脳トレ効果あり?

子供が大好きな『ぬりえ』。 実は、ぬりえは子供の成長にとってよい効果があるのだと …

読書が与える子供へのメリットは?学力にも影響あり?

一般的に「読書をすることは良いことだ」と言われており、学校でも読書週間などが設け …

フリースクールで義務教育が修了できる?問題点は?

現在、日本における不登校の生徒の数は約70万人に上ると言われています。 そして不 …

共働き家庭の子の学力は低下する?

現在の日本では、共働き家庭が増えています。 共働き家庭の割合は7割に上るとも言わ …