母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

朝食と学力は関係ないって本当?

      2019/11/08

みなさん、子供に朝ごはんを食べさせていますか?

最近の日本では「朝ごはんを食べない子供」が増えているようであり、コレを家庭の問題ではなく社会問題の一つとして捉えるべく「早寝早起き朝ごはん全国協議会」なるものが設立されたほど。

 

朝ごはんって、そんなに重要なものなのでしょうか?

朝ごはんを食べないって、そんなに悪いことなのでしょうか?

 

今回は、いくつかの資料を参考にしながら「朝ごはんの役割と学力の関係」や「朝ごはんのメニュー」について考えて行きます。

 

スポンサーリンク

文部科学省も「朝食を食べなさい」と言っている?

みなさん既にご存知かと思いますが、日本は今、国民運動の一つとして朝ごはんを食べることを推進しています。

これは、文部科学省のHPに『「早寝早起き朝ごはん」国民運動の推進について』と記載されていることからもわかります。

なぜこれほどまでに「朝ごはんを食べよう」と言われているのでしょうか?

 

その理由として、もしも朝ごはんを食べなかった場合「一日の活動エネルギーが不足」するのはもちろんのこと、「基本的生活習慣の乱れ」や「気力や体力の低下」が起こる可能性が指摘されています。

もしも、子供達の生活習慣が乱れ、気力・体力が低下してしまったら・・・。

子供達にとって当たり前である「元気な学校生活を送ること」が難しくなり、やがては不登校へと繋がって行くことも考えられますよね。

 

このように、朝ごはんは「栄養補給」という一面だけでなく「生活習慣を整える」「心身の健康を維持する」といった「当たり前の生活を保持する」ためにも重要であることから、国を挙げて朝ごはんを食べるよう促しているようです。

朝食と学力は関係ないとも?

朝ごはんには、エネルギー補給と生活リズムの構築といった役割があることを述べて来ましたが、朝ごはんの役目はそれだけではありません。

みなさんは、一般的に「朝ごはんを食べないと学力が低下する」と言われているのをご存知ですか?

ここでは朝食と学力の関係について「データで見る朝食の大切さ」を見ながら考えて行きたいと思います。

 

1、朝食と学力の相関関係

下のグラフは、小学6年生と中学3年生を対象に行った「朝食を毎日食べていますか?」という質問への回答と「学力との相関関係」を表したものです。

*参考:「データでみる朝食の大切さ」

 

まずは小学生の部を見ていきましょう。

正答率を見ると、朝ごはんを「食べている」と回答した生徒の数が最も多いことがわかります。

さらに詳しく見てみると、国語Aでは「食べている」生徒の正答率が71.3%、「まったく食べていない」という生徒の正答率が63.2%となっており、点数で言うと8.1点の差があることがわかります。

算数Aでは「食べている」生徒の平均点が80.0点、「まったく食べていない」生徒の平均は63.2点と、その差は16.8点となっています。

また国語Bでは「食べている」生徒の平均点が52.0点、「まったく食べていない」生徒の平均点は34.2点ですから、その差は17.8点と大きく開いています。

算数Bでは「食べている」生徒の平均点が56.3点、「まったく食べていない」生徒の平均点は38.7点と、ここでも17.6点という大きな差が出てしまいました。

 

この結果からわかることは、朝ごはんを食べない生徒は応用問題の得点が一気に下がるということです。

また、国語よりも算数の方が得点率が低いということから、朝ごはんを食べないと論理的思考能力が低下しやすいと言えるのではないでしょうか?

この傾向は、中学3年生の結果を見ても同じですから、朝食と学力には少なからず関係があることがわかります。

 

もう一つ、国立大学法人お茶の水女子大学による『平成25年度全国学力・学習状況調査(きめ細かい調査)の結果を活用した学力に影響を与える要因分析に関する調査研究』内の「家庭環境と子どもの学力」の調査結果では、

②生活習慣と学力との関係については、「子どもが決ま った時刻に起きるよう(起こすよう)にしている」「子どもを決まった時刻に寝かせるよう にしている」「毎日子どもに朝食を食べさせている」家庭の子どもの方が高い学力を示して いる。

ということが報告されていることからも、朝食と学力には関係があると言えそうです。

 

スポンサーリンク

朝食が学力に影響するのはなぜ?どんな朝食メニューが効果的?

朝食を食べると学力アップに繋がることがわかりましたが、ではなぜ朝食が学力に影響を与えるのでしょうか?

ここからは、朝食の役割と学力への影響やお勧めの食品について見て行きます。

【朝食の役割1】身体を起こす

朝ごはんには、体温を上げて眠っていた身体を起こす働きがあります。

特に、食べると速やかにエネルギーに変換される炭水化物は体を目覚めさせてくれる栄養素ですから、身体を起こして勉強へのやる気アップに繋がります。

炭水化物はご飯やパンなどの主食に多く含まれていますので、主食は必ず食べるようにしましょう。

【朝食の役割2】体と頭にエネルギーを補給する

脳の栄養源は炭水化物に含まれる「ブドウ糖」のみです。

そして、炭水化物をエネルギーに変換する際にはビタミンB1が欠かせません。

ですから、ご飯と一緒に、豚肉・納豆・ぬか漬け・のり・昆布などビタミンB1を含む食品を食べるといいですね。

身体と脳にエネルギーを与えることで思考力が上がって行きます。

【朝食の役割3】体調を整える

風邪予防や便秘予防など、体調を整えてくれるビタミン類や食物繊維をしっかり取ると一日を快適に過ごすことができます。

万全のコンディションで授業に臨めば学力向上に繋がると言えるでしょう。

ビタミンやミネラルを手軽に摂取できる食べ物と言えば『果物』。

食の細いお子様でも果物なら食べることができるのではありませんか?

 

このように、学力アップのためには、朝食に炭水化物とビタミン類を補給することが大切です。

くれぐれも、菓子パンやジュースを朝食代わりにしないよう気を付けて下さいね。

まとめ

今回は朝ごはんと学力の関係を見てきましたが、いくつかの調査結果からわかるように朝ごはんは学力と相関性があり、学力アップのためにも朝ごはんは重要だということがわかりました。

大人の私達も朝食を食べないとケアレスミスが増えるようですから、成長著しい子供であれば尚更「朝食は必ず食べさせるべき」だと思います。

学校に行って勉強をするのは、親ではなく子供です。

親としてサポートできることは限られていますから、せめて朝食くらい毎日きちんと用意してあげたいものですね。

スポンサーリンク

 - 教育全般・脳トレ・お手伝い

  関連記事

掃除で脳トレ?どんな掃除が効果的?

脳を活性化させるためにはさまざまな方法があるようですが、その中の一つに「掃除」が …

料理で脳が活性化?料理と脳の関係は?

働く主婦である私は、毎日必ず料理をします。 我が家には育ち盛りの子供3人とよく食 …

子供の手伝いは当たり前?手伝いしたら小遣いあげる?

皆さん、お子様にお手伝いをさせていますか? 小さいうちはママの真似事が大好きです …

子供の手伝い!料理は何歳からやらせる?

子供にお手伝いをさせると、いろんなメリットがあると言われています。 例えば、人の …

兄弟で学力に違いがあるのはなぜ?

私には2つ違いの姉がいますが、姉は幼い頃から頭脳明晰、成績はいつもトップで高校も …

フリースクールで義務教育が修了できる?問題点は?

現在、日本における不登校の生徒の数は約70万人に上ると言われています。 そして不 …

勉強効率UP!正しい姿勢と椅子の高さは?

「勉強への効率が悪い」「長時間集中できない」   このような悩みはよく …

ぬりえは子供の教育にお勧め?脳トレ効果あり?

子供が大好きな『ぬりえ』。 実は、ぬりえは子供の成長にとってよい効果があるのだと …

読解力とは何?子供の読解力低下の原因は?

最近では、「子供の読解力が低下している」と話題になることが少なくありませんが、そ …

シュタイナー教育にはどんな問題点があるの?

シュタイナー教育という言葉をご存知でしょうか? 人気俳優が受けていた教育というこ …