母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後に骨盤ケアした人は若返る?

      2015/10/09

出産して「老けた」と言われる人がいる反面、「若返った」「キレイになった」と言われる人もいます。

この違いは何でしょうか?

最近の芸能人は、産後のスレンダーな姿をブログなどにアップしています。

出産しても産前と変わらない体型を見ると「本当に赤ちゃんを産んだのか」と疑いたくなるような美しさですよね。

芸能人は美しくあることが仕事でもあるので、体型戻しのためにトレーニングしたり、エステに行ったり、お金と時間をかけているのだと思います。

一般人の私たちが、芸能人と同じようにする必要はありませんが、出産しても老けずに若々しくありたいと思いませんか?

そのために、一般人の私達でもお金も時間もかけずにできることがあるのです!

それが「骨盤ケア」です。

出産して老化して行く人と、美しく若返っていく人の違いは、骨盤ケアにありそうですよ。

今回は「産後の骨盤ケアをした人は若返ることができるのか?」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後「老ける人」と「若返る人」はどこが違う?

出産して老ける人と、若返る人はどこが違うと思いますか?

出産したときの年齢や出産回数でしょうか?

産後は、慣れない育児や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れによって、誰でも疲れてやつれたように見えます。

産後の肌は、乾燥しがちなためシワが増えたり、産後の抜け毛で髪の毛が少なくなったり、白髪が増えるなど、一時的に老けて見えてしまうことも考えられますが、これは誰にでも起こることです。

出産して老ける人は、身体的な問題とは別に、育児に忙しくてお手入れにかける時間がない、外見を気にしなくなった、おしゃれに興味がなくなった、赤ちゃんと触れるからお化粧をしたくない、など美への意識の変化が考えられます。

産後の忙しさで自分のことはすべて後回しになりますし、そんな状況の中でも「女性としてキレイでいなければならない」というストレスも、老ける原因になっているのではないでしょうか?

一方、年齢や出産回数を問わず、出産後もおしゃれに気を使ったり、肌のお手入れをしたり、健康的な食生活を送っている人は若々しくいられるように思います。

スキンケアの時間がないならオールインワン化粧品を使ったり、入浴時間が慌ただしいならリンス不要のシャンプーを使うなど、時短グッズを使って、工夫してお手入れの時間を作り出しているのだと思います。

フャッション雑誌を買わなくても、衣料品店の新聞広告をチェックしたり、化粧品カタログを見たり、おしゃれ心を忘れずにいることが、若々しさに繋がっているのではないでしょうか?

産後の骨盤ケアでオシャレ度が上がる!?

産後は、赤ちゃんのお世話で忙しいとしても、何とか工夫をしながら、自分自身のケアを行っている方もたくさんいるでしょう。

しかし!

たとえ、どんなに高価な化粧品を使って念入りにスキンケアやヘアケアを行っても、たとえ流行のブランドの洋服を着ても「土台が悪い」とおしゃれ度が減ってしまうと思いませんか?

いつも猫背で姿勢が悪く、ぽっこりお腹の体型だったら、バッチリメイクもおしゃれな服もイマイチ…。

産後、老けるか若返るかの分かれ道は「少しのおしゃれ心」と「土台=バランスのとれた体型」ではないでしょうか?

産後の骨盤ケアは見た目年齢を左右する?

産後の見た目年齢を左右する要素は、肌のハリや髪の毛のボリュームなどいくつかありますが、一番大切なのは「骨盤」です。

出産で開いた骨盤をそのままにしておくと、骨盤周りの筋肉が緩んで姿勢が悪くなったり、猫背になり、老けて見えます。

骨盤周りの血行が悪くなるので、新陳代謝が悪くなり、お腹周りの脂肪が落ちにくくなってポッコリお腹が改善されず、お尻も下がったままで、おばちゃん体型まっしぐら。

つまり「土台」が悪くなります。

さらに、お肌の新陳代謝も悪くなるので、肌ツヤが悪くなり、シミやシワも増えて、若々しさが失われます。

産後に骨盤ケアを行ったかどうかは、産後の見た目年齢を左右するのです。

 

スポンサーリンク

 

産後の骨盤ケアは全身に影響する?

骨盤の歪みが影響するのは、体型や見た目年齢だけではありません。

骨盤が歪んで新陳代謝が悪くなると、むくみや便秘などを引き起こし、老廃物が溜まりやすくなります。

身体に毒素が溜まっていくと、倦怠感、頭痛、胃腸障害、冷え性などを引き起こし、それがストレスになって精神的に不安定になることも考えられます。

骨盤周りの筋肉が衰えると、腰痛が起きたり、血流が悪くなると、肩こりの原因になり、肩こりは頭痛にも繋がります。

このように、骨盤の歪みは、巡り巡って、全身に影響を及ぼしているのです。

産後の骨盤ケアで若返ろう!

産後の骨盤を正しくケアすれば、体型を戻すだけでなく、美しい姿勢や健康な体をキープすることに繋がります。

身体の土台がしっかりすれば、流行の服を着なくてもオシャレな印象を与えることができますし、ハリのある肌ならすっぴんでも若々しい印象になります!

ブランドの服や高級な化粧品を買うよりも、まずは土台である「正しい骨盤」を作ることから始めましょう。

そのために、自分で簡単に骨盤ケアができる「骨盤ベルト」を使ってみることをお勧めします。

まとめ

出産すると骨盤が開くのは当たり前。

つまり、体型が崩れるのは当たり前のことです。

「もうママになったんだし!」「出産した勲章!」として、そのままにしておくのもアリかもしれません。

しかし、そのままにしておくと、見た目だけでなく、将来の健康までも失う可能性があります。

「出産は体型を崩す」と考えるのではなく「出産は体型を整える絶好のチャンス」と考えてみませんか?

美しいことが全てではありません!

若いことがいいことでもありません!

健康でいるために、産後の骨盤をしっかりと正しい位置に戻し、内側の土台=バランスのいい体型を築くことが、産後の若々しさに繋がるのだと思います。

産後の体型を戻すスピードは、人によって異なります。

ゆっくりペースでもいいので、産後の骨盤ケアはしっかりしておいたほうがいいですよ!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の体型戻し・骨盤ケア

  関連記事

産後の骨盤ベルトの効果的な使い方と期間は?

妊娠中から出産に向けて、体内で増えるホルモンの影響により、骨盤が大きく開き、緩み …

産後におすすめしたい骨盤ケアの方法は?

出産すると、誰でも骨盤が開きます。 産後の開いた骨盤をそのままにしておくと、どん …

産後のお腹の引き締めはいつから?その理由は?

出産後の大仕事を終えた後、初めて自分のお腹を見たとき、どう思われましたか? 腹筋 …

産後の骨盤ケアはいつからいつまでに行うべき?

出産すると骨盤が開くのは、当たり前のことです。 しかし、開いた骨盤をそのままにし …

産後の足の痛みは骨盤の歪みが原因?

出産してから「足が痛くてまともに歩けない!」と困っていませんか? 実は、「足の付 …

産後のお腹のたるみは「腹筋」で戻る?

みなさんは、出産後の「シワシワなお腹」を見て、どう思われましたか? 「赤ちゃんを …

産後のお腹のたるみ対策!いつまでに行うべき?

「出産後のお腹をどうにかしたい!」と思っているみなさん! 体重が戻っても、体型が …

骨盤が歪むとお尻が痛い!?

産後の体は、あちこちガタが出てきませんか? 肌荒れや抜け毛はもちろん、足腰の痛み …

産後のお腹のたるみにクリームは効く?

「産後のお腹のたるみ…」 ほんっとに嫌ですよねっ!! 「このたるみはどうしたらい …

産後のお腹のたるみにマッサージは効果的?

「産後のお腹のたるみが気になって仕方がない!」という方はいらっしゃいますか? お …