母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の骨盤ベルトの効果的な使い方と期間は?

      2015/10/09

妊娠中から出産に向けて、体内で増えるホルモンの影響により、骨盤が大きく開き、緩みます。

これは、赤ちゃんを産み出すための、母体の自然な動きです。

そして出産後は、6カ月ほどかけて、徐々に骨盤は閉じて行きます。

骨盤が自分の力で戻ろうをする動きをサポートし、骨盤を正しい位置に戻すために、骨盤ベルトが役立ちます。

実際に、骨盤ベルトを使っている、産後のママはたくさんいます。

産後の骨盤矯正を行うために、骨盤ベルトはいつまで使うと、効果があるのでしょうか?

今回は「産後の骨盤ベルトを使用する期間はどれくらいか」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

産後の骨盤矯正はいつまで?

妊娠すると、リラキシンというホルモンが分泌されます。

リラキシンは、骨盤や身体の筋肉や靭帯を緩める作用があり、体を緩めることで、赤ちゃんが産道を通りやすくしています。

リラキシンは、産後2~3日で分泌がなくなりますが、リラキシンの影響は産後2か月くらいまで残ります。

つまり、産後は骨盤だけでなく、筋肉や靭帯も緩んでいるのです。

緩んだ骨盤を固定するために、骨盤矯正は「産後すぐ」から行い、少なくとも産後2か月間は、骨盤を固定するようにしましょう。

産褥期には、さらし、産褥ニッパー、骨盤ベルトなど、産後すぐから使えるものを選んでください。

骨盤は、産後6か月かけて、自分の力で元に戻っていくので「体型戻しは、産後6か月が勝負!」と言われています。

しかし、産後6か月~1年くらいは、骨盤は緩いままなので、産後6か月を過ぎたからと言って、骨盤矯正ができないわけではありません!

(「産後の骨盤ケアはいつからいつまでに行うべき?」で関連記事を書いています。)

産後の「骨盤ベルト」の使用期間と効果的な使い方は?

産後の骨盤矯正に適した時期は、産後6カ月まで、遅くても産後1年以内に行うのがベストです。

では、骨盤ベルトはいつまで使用すればいいのでしょうか?

★骨盤ベルトの使用期間

一般的な骨盤ベルトは「産後すぐ使える」もの以外、産後2か月から使用できるものが多いようです。

骨盤ベルトを着けていると、腰が安定して楽になります。

しかし、長い間、骨盤ベルトを着けていると、体を支えるための筋肉が衰えてしまいます。

そのため、骨盤ベルトを付けっぱなしで使用する期間は「2か月間」を目安にしましょう。

1~2か月ほど使用したら、徐々に骨盤ベルトを使用する時間を減らして行き、筋力をつけるようにして下さい。

★骨盤ベルトの効果的な使い方

産後すぐは、24時間、骨盤ベルトを着けているという人もいます。

しかし骨盤は、昼に締まり、夜に緩みます。

夜間は骨盤を緩ませることが大切ですし、骨盤ベルトがズレても気付かず、ズレたまま固定してしまう危険性があります。

どうしても、夜間も骨盤ベルトを使用するのであれば、緩めに装着するようにしましょう。

 

産後1年くらいは骨盤が緩い状態なので、腰痛などの体の痛みを予防したり、骨盤エクササイズをするときに、短い時間だけ使うと効果的です。

調理や掃除のときなど、サポート的に骨盤ベルトを使うようにして、最終的には骨盤ベルトが必要ないくらいの筋力をつけるようにしましょう。

また、骨盤矯正のためには、骨盤ベルトと併せてエクササイズを行うことが効果的です。

簡単なエクササイズが紹介されている骨盤ベルトなら、産後の忙しい時期でも、簡単に骨盤矯正ができるので、お勧めです。

 

スポンサーリンク

 

産後の骨盤矯正はいつでもできる?

産後、骨盤矯正を行うには、産後6か月までが適しています。

しかし、産後6か月を過ぎたからと言って、骨盤矯正ができなくなるわけではありません。

骨盤ベルトと正しいエクササイズを行うことで、自分で骨盤矯正することは可能です。

赤ちゃんが成長して、自分の時間が持てるようになったら、整体など専門家の手を借りるのもいいでしょう。

産後1年間は、骨盤が緩いままなので「座り方」や「寝方」一つで、骨盤が歪んでしまいます!

骨盤矯正することも大切ですが、その前に、骨盤が歪まない生活習慣を身に着けたいものですね。

(「産後の骨盤にNGな座り方は?」や「産後の骨盤ベルトは夜寝るときもつけるの?」で関連記事を書いています。)

まとめ

私も、産後しばらくは骨盤ベルトを使用していました。

骨盤ベルトをしていると、座った時に足が組めなかったり、ぺたんこ座りが出来なかったりするので、骨盤が歪みやすい自分のクセに、気付かせてくれます。

産後数年経った今でも、骨盤ベルトをして簡単なエクササイズを行うと、ジーパンが緩くなったり、痛む箇所がなくなったりしますので、骨盤ベルトの効果を実感しています。

私は、子供に母乳をあげているので、どうしても授乳で姿勢が悪くなったり、添い寝で授乳をしている最中は、常に同じ側を向いて寝てしまったり、生活の中に骨盤を歪ませる要因が多くなってしまいます。

たとえ、専門家の手で体の歪みを治したとしても、生活習慣や自分のクセを治さない限り、再び骨盤は歪んで行きます。

骨盤の歪みを整えることは「産後の期間限定」ではなく、これから長く付き合っていかなければならないことだと思っています。

体型を戻したり、体の不調を改善していくことは、いつからでも可能です。

産後6カ月を過ぎてしまったと諦めずに、骨盤矯正をして行きましょう!

 

スポンサーリンク

 - 産後の体型戻し・骨盤ケア

  関連記事

産後のお腹のたるみは「腹筋」で戻る?

みなさんは、出産後の「シワシワなお腹」を見て、どう思われましたか? 「赤ちゃんを …

産後のお腹のたるみ対策!いつまでに行うべき?

「出産後のお腹をどうにかしたい!」と思っているみなさん! 体重が戻っても、体型が …

産後のお腹のたるみにマッサージは効果的?

「産後のお腹のたるみが気になって仕方がない!」という方はいらっしゃいますか? お …

産後の痩せない下半身をどうする!?

産後の下半身太りで悩んでいませんか? 産後ダイエットの悩みには「体重が戻らない」 …

産後の足の痛みは骨盤の歪みが原因?

出産してから「足が痛くてまともに歩けない!」と困っていませんか? 実は、「足の付 …

産後の体型戻しに効果的な運動は?

産後のお腹のたるみやお肉は、自分自身が気になるもはもちろんのこと、見た目にも老け …

産後の骨盤ベルトは夜寝るときもつけるの?

産後、腰や足の痛みに悩まされていませんか? 「痛くて仰向けになって寝れない」とか …

産後の骨盤ケアはいつからいつまでに行うべき?

出産すると骨盤が開くのは、当たり前のことです。 しかし、開いた骨盤をそのままにし …

産後のお腹の皮のたるみを戻すには?

ある程度、覚悟していたとは言え、産後のお腹のたるみ具合にはショックを受けますよね …

骨盤が歪むとお尻が痛い!?

産後の体は、あちこちガタが出てきませんか? 肌荒れや抜け毛はもちろん、足腰の痛み …