母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんは泣きすぎで声かれる?声かれの対処法は?

      2017/10/05

「今日はなんだか赤ちゃんの泣き声がかれているなあ」と気付いたママはいらっしゃいませんか?

赤ちゃんの声が急にガラガラになってしまったら心配ですよね?

特に、発熱、咳、鼻水など風邪の症状が見られないのに泣き声だけかれてしまった場合、何が原因なんだろうと迷うことだと思います。

 

そんなとき、真っ先に疑うのは「泣きすぎ」ではないでしょうか?

しかし、泣き過ぎによって赤ちゃんの声がかれることなどあるのでしょうか?

そして、声かれを治すためにママがしてあげられることはあるのでしょうか?

 

今回は「赤ちゃんの声かれの原因と対処法」「病院へ行くべき声かれ」についてご紹介して来ます。

 

スポンサーリンク

 

泣きすぎで赤ちゃんの声はかれるの?

赤ちゃんというのは加減がわかりませんから、泣くときは全身に力を込めて思いっきり泣きますよね。

このように力いっぱい声を張り上げて泣くと、声帯に負担がかかります。

声帯に負担がかかることを赤ちゃんは一日何度も繰り返し、それが毎日続くわけですから、泣き過ぎて声がかれるということはよくあることなのです。

もし、発熱や咳や鼻水と言った風邪のような症状がないのに声がかれていたら、そして思いっきり元気よく泣いているのであれば、声の出し過ぎが原因で声がかれているのだと判断していいでしょう。

 

赤ちゃんは泣くのが仕事ですから、泣き過ぎによる声かれはある意味仕方がないと言えます。

ただ、あまりにも声帯に負担がかかりすぎていると「声帯結節」といって喉にコブができることもあるそうですから、赤ちゃんの泣き声が激しくなる前に何かしら対処してあげた方がいいですね。

 

泣き過ぎによる赤ちゃんの声かれの対処法は?

赤ちゃんが大泣きして声がかれてしまったら、どう対処したらいいのでしょうか?

 

のどを休ませてあげる

上記したように、声かれの原因は「声帯の使い過ぎ」ですから、まずは声帯を休ませてあげることが大切です。

そのためには、赤ちゃんを泣かせないことがポイントですが赤ちゃんを「泣かせないでおく」ことは不可能ですよね?

赤ちゃんが泣くのは仕方がないとしても、あまりにも激しく泣いていたり長い時間泣いている場合は、抱っこしたりあやしたりして泣かせ過ぎないようにサポートしてあげましょう。

また本泣きに入る前の愚図っている段階で、赤ちゃんの機嫌を直してあげるといいですね。

 

湿度を保つ

空気が乾燥していると、よけに声がかれてしまいます。

加湿器を使用したり洗濯物を室内干しにするなど、部屋の湿度を上げるようにしましょう。

 

水分を与える

大泣きすることで喉が乾燥すると、声がかれる原因となります。

小まめに白湯、麦茶、母乳を与えるようにしましょう。

 

はちみつ大根を与える

これは「1歳を過ぎたお子さんのみ」に使える方法です。

はちみつの中に大根の千切り(またはいちょう切り)を付けておくと大根から水分が出て来ます。

この水分をお湯で割って飲む「はちみつ大根」は、声かれの改善に効果的です。

(「母乳育児中に蜂蜜はダメなの?」に関連記事を書いています)

 

赤ちゃんの声がかれているとママも心配になってしまうと思いますが、声かれの原因が声帯の使い過ぎであれば自然に回復するので心配いりません。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの声かれで病院に行くのはどんなとき?

先ほど申し上げたように、泣きすぎによる声かれの場合はのどを休ませることで自然治癒します。

たとえ声帯結節ができたとしても、ほとんどの場合は経過観察となり特に治療の必要はないようです。

しかし、大泣きさせている覚えはないのに赤ちゃんの声がかれていたら、何かの病気が原因かもしれません。

考えられる要因はこちらです。

 

鼻風邪・鼻炎

鼻風邪や鼻炎などで鼻が詰まっていると、口呼吸になりがちです。

昼夜問わず口呼吸になってしまうと、喉の粘膜が弱くなってしまい声かれのような状態になってしまうことがあります。

鼻水が多いときや鼻水の色が緑色のときは、耳鼻科を受診して鼻の状態を治してあげましょう。

鼻詰まりが解消されれば口呼吸が改善され、喉の調子も回復してくるでしょう。

 

風邪

赤ちゃんが風邪を引いて喉が腫れていると、声がかれてしまうことがあります。

これは大人も同じですね。

まずは赤ちゃんに熱があるか確認してみて下さい。

発熱のほか、鼻水、咳などの症状もあれば病院で診てもらうといいでしょう。

(「赤ちゃんの熱は何度から?薬なしでも治る?」に関連記事を書いています)

 

喉頭乳頭腫(こうとうにゅうとうしゅ)

喉頭乳頭腫というのは、声帯にウイルスが感染することで発症する病気です。

声帯に乳頭腫ができると声がかすれることがあります。

また喉に乳頭腫ができることで気道が狭くなると、赤ちゃんが呼吸困難に陥ることもあるそうです。

声かれとともに赤ちゃんが呼吸をしづらい様子が見られた場合は、すぐに病院を受診しましょう。

 

おわりに

大人の私達であっても、スポーツ観戦やコンサートやカラオケの後など大きな声を出し過ぎた後は声がかれてしまうことがありますよね。

赤ちゃんも同じく、毎日泣いたり叫んだりしているわけですから、声がかれてしまうのも納得です。

赤ちゃんの場合は「声を出すな」とは言えませんから、声かれを回復させるには時間がかかるかもしれません。

赤ちゃんの成長とともに、泣き叫ぶ回数が減ってくれば声も元の状態に戻ってくるはずです。

我が子は泣きすぎで声がかれるどころか、声が出なくなることもありましたから・・・。

元気に泣いているのであれば、あまり神経質にならずに見守ってあげましょう。

 

また、風邪による声かれであれば風邪を治すことが先決です。

風邪から早く回復するために、離乳食が始まっている赤ちゃんにはカボチャやリンゴがお勧めです!

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの悩み・育児トラブル

  関連記事

赤ちゃんへ日焼け止めクリームと虫除けスプレーを塗る順番は?

赤ちゃんを連れて公園や海や山へお出かけするとき・・・。 気になるのが、「日焼け」 …

赤ちゃんの耳だれとは?原因と危険な症状は?

赤ちゃんを抱っこしているときや授乳しているとき、赤ちゃんの耳のまわりに「黄色いカ …

寝てるとき赤ちゃんの手が冷たい!紫色でも大丈夫?

冬の時期だけでなく、春や秋など涼しい季節に新生児の赤ちゃんを迎えたみなさん! & …

赤ちゃんの口臭の原因は?口の中を掃除すべき?

  赤ちゃんというのは、「いいにおい」がしますよね? 母乳やミルクしか …

赤ちゃんの爪の形が悪いのは遺伝?爪の形は変わる?

生まれたばかりの赤ちゃんは小さいものですが、赤ちゃんの手はもっと小さいですよね。 …

「赤ちゃん連れ」はよく声をかけられる!嬉しい or 困る?

赤ちゃんを連れて外出していると、見ず知らずの人からよく声をかけられませんか? ほ …

赤ちゃんへ「声かけ」が苦手!声かけしないとどうなる?

まだ言葉を理解しておらず無反応の赤ちゃんに対して「何を話しかければいいのかわから …

サイレントベビーになったら?将来のための対処法は?

子育てをしていると、ちょっと気になる言葉を耳にすることがありますよね? &nbs …

赤ちゃんの口の中の異変!白いカスやブツブツの正体は?

言葉を話せない赤ちゃんの健康状態を知るために、ママは日々赤ちゃんの全身をチェック …

授乳中に赤ちゃんが頭を振るのはなぜ?

赤ちゃんに母乳をあげている最中、赤ちゃんが頭を振って暴れ出したり、自分の髪の毛を …