母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんの肌荒れ!もしかしてアレルギー?

   

赤ちゃんの時期の肌荒れを「乳児湿疹」と呼ぶのをご存知ですか?

乳児湿疹という呼び名がつくほど、乳児期(新生児~3歳くらいまで)は、肌あれを起こしやすい時期であり、ある意味「生理現象」であると言えます。

乳児湿疹の原因や症状は様々であり、赤ちゃんの皮脂、汗、肌の乾燥などが、主な原因として考えられています。

赤ちゃんの肌荒れを改善するためには、適切なスキンケアを続ける必要がありますが、スキンケアを行っているにも関わらず、肌荒れが改善しないと「アレルギーではないか?」と疑うママもいらっしゃるではないでしょうか?

 

今回は、「赤ちゃんの肌荒れとアレルギーの違い」や「アレルギーを予防するスキンケア法」「ステロイドによる肌荒れ改善法」について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの肌荒れとアレルギーの違いは?

赤ちゃんの時期は、肌荒れを起こしやすい時期です。

特に、1歳未満の赤ちゃんの場合、「肌荒れか?アレルギーか?」をはっきり区別するのは難しいそうです。

しかし、肌荒れとアレルギーの症状は見分けがつきにくいものの、そのしくみは全く異なります。

 

赤ちゃんの肌荒れの原因は、過剰な皮脂や汗などの「生理的要因」と、ダニ、ほこりなどの「外的要因」の二つが考えられます。

 

赤ちゃんの肌の角質層は薄く、まだ未熟です。

そのため、これらの要因から肌を保護することができません。

さらに、赤ちゃんの肌が乾燥すると、肌のバリア機能が低下してしまい、わずかな刺激にも反応してしまいます。

これが、肌荒れです。

 

一方、アレルギーというのは、体内にある免疫機能が、過剰に働いてしまう症状です。

 

私達の身の回りには、アレルギーの元となるもの(アレルゲン)がたくさんあります。

私達の体内にアレルゲンが入ってくると、体に「抗体(免疫グロブリンE)」ができ、2回目からは、アレルゲンが体内に侵入するのを防いでくれます。

この働きを「免疫機能」と言います。

例えば、私達が、はしかや水ぼうそう、おたふく風邪などに一度かかると、もう二度と同じ病気にかからないのは、免疫機能のおかげなのです。

免疫機能は、私達の体にとって大切な働きですが、この免疫機能が過剰に働いてしまうと、体に必要なものさえも異物だと見なし、かゆみや炎症といった、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

このように、免疫機能の過剰な働きが、アレルギーのしくみです。

 

赤ちゃんのアレルギーの原因は?

アレルギーというのは、免疫機能が関係していますが、アレルギーを引き起こす直接の原因をご存知ですか?

 

赤ちゃんのアレルギーの原因は、「肌が未熟なこと」と「消化機能が未熟なこと」が関係しています。

 

赤ちゃんの肌は乾燥しやすいため、バリア機能が低下しており外的刺激から肌を守る力が弱くなっています。

つまり、皮膚の中にアレルゲンが入りやすい状態です。

 

そして、赤ちゃんの腸は、まだ未熟です。

体内に入ってきた食物を、十分に消化することができません。

消化できなかった食物を、体が「異物」として捉えると、アレルギー反応が起こってしまいます。

 

アレルゲンとなりやすいものは、卵、牛乳、小麦、そば、落花生、えび、かに(7大アレルゲン)などの食品のほか、花粉、ほこり、ハウスダストや、犬、猫など動物の場合もあります。

もし、「ミルクの銘柄を変えた」「離乳食に○○を与えた」「いつもと違う場所へ行った」後に、急に肌荒れが起こった場合は、アレルギーである可能性も考えられます。

 

一方、同じ環境にあっても、アレルギーを発症しない子もいますが、その違いはどこにあるのでしょうか?

アレルギーを発症する子は、「肌の乾燥・肌のバリア機能の低下」「花粉、ダニ、ほこり、汗などの刺激」に加えて「アレルギーを発症しやすい体質」という要因もあるそうです。

親や身内に、アレルギー体質の方がいらっしゃると、赤ちゃんもアレルギーになりやすいと言われています。

 

赤ちゃんのアレルギーは、赤ちゃんが成長し、肌も腸も丈夫になってくると、症状が改善してくることが多いようです。

一般的に、食物アレルギーは3歳くらいまで、小児アトピー性皮膚炎は遅くとも中学生くらいまでには、改善されることが多いそうです。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのアレルギー!アトピー性皮膚炎の症状は?

赤ちゃんの肌荒れとアレルギーは、見分けがつきにくいものです。

もし、アレルギーだった場合、どのような症状が現れるのでしょうか?

 

アレルギーの中でも多いのが、アトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎は、顔(頬、おでこ、口の周り)、首(耳の付け根)、関節の内側、膝の裏などに湿疹ができます。

月齢の低いうちは、ジュクジュクした湿疹ができ、赤く炎症を起こしたようになりますが、1歳を過ぎる頃には、今度は肌が乾燥し、カサカサ・ザラザラした肌質に変化します。

赤ちゃんがアレルギーかどうかを自己判断することは難しいため、不安であれば病院へ行きましょう。

アレルギーかどうかは、血液検査で判断することができます。

乾燥肌はアトピー性皮膚炎を引き起こす?

アレルギーの主な原因は

 

・肌のバリア機能の低下

・外的刺激(花粉、ほこり、汗など)

・内的要因(腸が未熟、アレルギー体質)

 

が関係しています。

赤ちゃんのアレルギーを予防・改善するためには、これらの要因を取り除くことが大切なのです。

 

さらに、近年になって「乾燥肌はアトピーのリスクを3倍にする」と言われるようになりました。

既にご紹介したように、肌の乾燥は肌のバリア機能を低下させてしまうため、アレルギーの元(アレルゲン)が体内に侵入しやすい状態です。

つまり、乾燥肌は、アレルギーを発症しやすいと言えます。

そのため、「赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐ=保湿する」ことは、アレルギーから身を守り、アトピーの予防や改善に繋がると考えられます。

 

一般的に、小児アトピーは、小学生~中学生くらいまでには落ち着いてくることが多いそうですが、もともと持っている「アレルギー体質」を治すことは困難です。

しかし「うちは既にアレルギー体質だから・・・」と、諦めることはありません。

赤ちゃんのうちから保湿を続けることで、アトピーやアレルギーの発症・悪化を抑えたり、薬を使わずにアレルギー症状をコントロールすることは可能だそうです。

赤ちゃんのアレルギーの一因!乾燥肌を改善するには?

アレルギーを発症しやすい体質というのは、すぐに改善できるものではありません。

しかし、適切なスキンケアによって、赤ちゃんの肌の乾燥を防ぐことは、アレルギー症状の軽減になることは申し上げた通りです。

 

では、赤ちゃんの肌の保湿とは、どのようなスキンケアを行ったらいいのでしょうか?

 

赤ちゃんにスキンケアを行う際は、未熟な赤ちゃんの肌のことを考えて「刺激を与えずに保湿する」ことが大切です。

そのために、次のことを試してみて下さいね。

 

<刺激を与えない>

赤ちゃんを洗うときは、ごしごし擦らず、石鹸の泡でやさしく洗いましょう。

石鹸は、刺激の少ないもの、つまり、「敏感肌用」「無添加」なものを使います。

石鹸であっても、香りの強いものや添加物が含まれているものもありますので、原材料を確認してみて下さい。

石鹸で洗うと、汚れが落ちると同時に、必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

肌の乾燥がひどいときや乾燥した季節などは、汚れやすい箇所(おしり周りなど)以外、石鹸であらうのは2~3日に1回でも構いません。

ぬるま湯で洗い流すだけでも、汚れは落ちます。

 

<保湿>

お風呂あがりは、肌が潤っている状態です。

タオルでしっかり水分を拭き取るのではなく、サッと水分を抑える程度に拭いてあげましょう。

そして、肌にまだ水分が残っているうちに、保湿剤を塗ります。

保湿剤は、いろいろな種類がありますが、アレルギー体質の赤ちゃんや、ひどい乾燥肌の赤ちゃんには、ワセリンがお勧めです。

ワセリンは無添加なので、赤ちゃんが舐めても無害である一方、気温が低いと固くなったり、ベタベタする、という欠点もあります。

そのため、「使いにくい」「使用感が好きではない」という方がいらっしゃるのも事実です。

特に、赤ちゃんの月齢が低いうちは、泡状で使いやすく、長時間潤いが続く無添加の保湿剤の方が、サッと塗ってサッと服を着せることができ、ママの手もべとつかず、便利だと思います。

 

そのほか、部屋の加湿に気を付けると、肌の乾燥だけでなく、かゆみが落ち着きますので、湿度にも気を付けてあげましょう。

赤ちゃんのアレルギー治療にステロイドは有効?

どんなに保湿に気を付けたスキンケアを行っても、赤ちゃんの肌荒れが改善されなかったり、逆に悪化していく場合、「病院へ連れて行くべきかどうか?」に悩みますよね?

長引く肌荒れは、ママだけでなく赤ちゃんにもストレスとなりますので、ママが「ちょっとおかしい?」と感じたならば、早い段階で皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科を受診すると、ステロイドの薬を処方されることがあるかもしれません。

ステロイドと聞くと、副作用が気になりますよね?

ステロイドは、「皮膚が薄くなる」「使用をやめたら症状が悪化する」などと言われていますが、これは長期間大量のステロイドを投与した場合だそうです。

赤ちゃん用の薬は、ステロイドの含有量が微量なので、短い期間使うには、副作用の心配はいらないと言われています。

 

ステロイドという薬は、アレルギーやアトピーを治す薬ではありません。

あくまでも、皮膚の炎症やかゆみなどの、症状を抑えるための薬です。

そのため、単なる肌荒れや湿疹にも処方されることがあります。

例えば、スキンケアだけでは改善されないほど炎症が悪化したり、肌荒れが長引いている場合は、肌のバリア機能がさらに低下して、アトピーへ移行してしまう危険があります。

そうなる前に「一時的にステロイドを使って炎症をしっかり治してしまおう」という目的で使われます。

特に、かゆがる赤ちゃんには、ステロイドを使ってあげた方が、治りが早くなります。

炎症が治ったら薬の使用をやめて、スキンケアだけにしましょう。

 

赤ちゃん用のステロイドの場合、ステロイドの含有量が少ないとは言え、強い薬であることに間違いはありません。

赤ちゃんに使う場合は、炎症を起こしている部分だけに、うすく伸ばして塗るようにし、ほかの部分へ広がらないように注意しましょう。

まとめ

うちの子供達はアレルギー体質ではありませんが、肌の乾燥がひどく、肌が赤くザラザラになってしまったことがあります。

スキンケアでは改善されず、皮膚科へ行ったのですが、すぐにステロイドの薬を処方されました。

当時、私はステロイドを使うことに気が進まなかったので、もう一度ほかの皮膚科へ行きました。

すると、2回目の皮膚科ではステロイドは出されず、保湿剤のみ処方されました。

 

結局、うちの子は、ステロイドを使わず、保湿剤だけで肌荒れを乗り切ることができたので、「あの時ステロイドを使う必要はなかったんだ」と思うと同時に、すぐにステロイドを処方する病院に対して不信感が出てきてしまいました。

もちろん、病院の先生は「安易にステロイドを処方した」のではなく「ステロイドを使った方がいい」という考えだったのだと思いますが、使っても使わなくてもいいのであれば、できれば使いたくないのが「薬」というものだと思います。

「赤ちゃんの不快な症状を改善する」ということが大前提ではありますが、医師の考え、そしてママ自身の考えによって、ステロイドを使用するかどうかを判断して下さいね。

 

スポンサーリンク

 

 - 赤ちゃんの肌荒れ(湿疹・にきび・あせも)

  関連記事

乳児乾燥性湿疹の原因とケア方法は?

赤ちゃんの肌がカサカサしていませんか? 赤ちゃんの肌がボロボロになっていませんか …

新生児ニキビは保湿していいの?ケア方法は?

出産を終え、赤ちゃんとの生活がスタートしたみなさん!   赤ちゃんのお …

赤ちゃんの肌荒れと母乳の関係は?

赤ちゃんの肌荒れの総称を「乳児湿疹」と呼びます。 乳児湿疹には、さまざまなタイプ …

赤ちゃんのよだれかぶれ対策は?

赤ちゃんは肌荒れを起こしやすいのですが、その中でもよく見られるのが「よだれ」によ …

乳児脂漏性湿疹は耳にもできる?

赤ちゃんの肌が、荒れていませんか? 赤ちゃんの肌荒れの総称を「乳児湿疹」と言いま …

頭皮がカサカサして臭い!乳児脂漏性湿疹は薬で治す?

赤ちゃんの肌荒れでお困りですか?   赤ちゃんと言えば、「つるつるのた …

赤ちゃんの肌荒れ!顔にも使えるお勧めの保湿剤は?

赤ちゃんと言えば、「美肌」を想像しますよね? 我々大人は、どんなに高級美容液を使 …

赤ちゃんの顔の肌荒れの原因と対処法は?

赤ちゃんが生まれてしばらく経つと、赤ちゃんの肌荒れが気になり始めませんか? 生ま …

赤ちゃんの乾燥肌に処方される「ヒルドイド」って?

赤ちゃんの肌の乾燥が気になるときや、市販の保湿剤では乾燥肌が改善されないときなど …

赤ちゃんの耳切れの原因はアトピーじゃない?!

赤ちゃんの耳をよく見てみると、耳の付け根が切れて「カサカサ」していたり「ジクジク …