母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんとのクリスマスの過ごし方!プレゼントはいつから?

      2017/10/30

赤ちゃんと一緒に過ごす、初めてのクリスマス。

「赤ちゃんと一緒に、夜のイルミネーションやクリスマスのイベントに行きたい!」と考えている方はいらっしゃいませんか?

たとえまだ周囲の状況を理解できない赤ちゃんであっても、「クリスマス」の華やかな雰囲気を何かしら感じ取ることができるのかもしれませんね。

 

しかし、赤ちゃんの身体はまだまだ未熟ですから、クリスマスの過ごし方には十分注意する必要があります!

 

そしてクリスマスと言えば「サンタクロースからのプレゼント」ですが、赤ちゃんへプレゼントを贈るのはいつからスタートさせたらいいのでしょうか?

 

今回は、「赤ちゃんとのクリスマスの過ごし方」と「プレゼントを贈り始める時期」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんを連れてクリスマスの夜に外出していい?

クリスマスと言えば、「夜のイルミネーション」や「レストランのクリスマスディナー」が定番ですよね?

結婚する前や赤ちゃんがいない夫婦二人の時期、クリスマスの夜は外出するというカップルは多いと思います。

 

しかし、赤ちゃんが誕生した今は違います!

赤ちゃんにとって、クリスマスの夜の外出は負担となります。

いったいどのようなリスクがあるのかご紹介して行きます。

 

赤ちゃんの体調不良を招くリスク

赤ちゃんはまだ体温調整がうまくできません。

赤ちゃんにとって真冬の寒さは、体へ大きな負担となります。

また、暖房が効いているショッピングモールなどの室内であっても、外気との寒暖が激しいため、赤ちゃんが体調を崩す可能性が高くなります。

 

風邪/ウイルスをもらうリスク

人混みの多い場所では、風邪やウイルスに感染する恐れが高まります。

 

生活リズムが乱れるリスク

夕方から外出して夜遅くに帰ってくる・・・このような夜の外出は、赤ちゃんを疲れさせてしまいます。

特に、一定の生活リズムを整えてあげることが大切な赤ちゃんの時期は、たとえクリスマスの夜であっても普段と同じく夜はゆっくり休ませてあげたいものです。

 

こうしてみると、クリスマスの時期に赤ちゃんを連れて夜の街を出歩くのは控えた方がいいと思いませんか?

 

赤ちゃんとのクリスマス!自宅での過ごし方は?

クリスマスの夜の街を楽しむのが毎年恒例だったご夫婦の中には、「どうやって赤ちゃんと自宅で過ごそうか?」と悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

そんな方のために、赤ちゃんと過ごす自宅でのクリスマスの楽しみ方を考えてみました。

 

クリスマスツリー/リースを飾る

クリスマスの定番であるクリスマスツリーやリースを飾るだけで、クリスマスの雰囲気が味わえます。

ピカピカ光るクリスマスツリーはイルミネーション代わりとして楽しめるだけなく、光に反応する赤ちゃんもいるでしょう。

ミニツリー、壁掛けタイプ、窓に張るジェルタイプなど様々なものが売られていますから、お好きなものを選んでみてはいかがでしょうか。

また、ハイハイやつかまり立ちをする赤ちゃんのいるご家庭や上のお子さんがいるご家庭は、クリスマスツリーの飾りや電源を口に入れてしまうことのないよう、置く場所には気を付けて下さいね。

 

クリスマスソングを流す

赤ちゃんが音楽に合わせて体を動かすようであれば、子供用のクリスマスソングを流してあげましょう。

一方、まだ音楽に反応しない時期であれば、パパやママが好きなクリスマスソングを流したらいいと思います。

 

クリスマスグッズで記念撮影する

サンタクロースやトナカイのロンパース、サンタの帽子、トナカイのカチューシャなどを赤ちゃんに着せ、記念写真を撮るのもお勧めです。

 

クリスマスケーキを用意する

赤ちゃんへ市販のクリスマスケーキを与えるのはまだ早いですので、クリスマスケーキと一緒に記念撮影をするご家庭が多いようです。

また、赤ちゃんの顔を描いた似顔絵ケーキもお勧めです。

(「【9・10・11カ月】赤ちゃんにクリスマスケーキはいつから?」に関連記事を書いています。)

 

 

離乳食で作れそうなクリスマスメニューは?

赤ちゃんにとって生まれて初めてのクリスマス。

離乳食が始まっている赤ちゃんであれば、ちょっとメニューを工夫してみるとクリスマスの雰囲気が味わえると思います。

離乳食の段階に合わせて、次のようなメニューを作ってみてはいかがでしょうか?

 

◇離乳食初期

・ほうれん草、かぼちゃ、ニンジンなどを使ったカラフルなおかゆ

・さつまいも、バナナ、イチゴをペースト状にしたデザート

 

◇離乳食中期

・小さく切って柔らかくした野菜をツリー形にデコレーション

・小さく切ったイチゴやバナナとプレーンヨーグルト

 

◇離乳食後期

・ハンバーグ

・甘さを控えた蒸しパン

・水切りヨーグルトとフルーツで飾り付けをしたケーキ

 

クリスマスと言っても何か特別なものを用意するのではなく、赤ちゃんが普段食べ慣れているものをアレンジするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんへクリスマスプレゼントはいつから贈る?

たとえ生まれたばかりの新生児期であっても、クリスマスには「プレゼントを贈りたい!」と思うのが親心ですよね?

その一方で「まだ何も理解していないのだから、プレゼントは必要ない」と考えるご家庭もあるでしょう。

 

赤ちゃんへクリスマスプレゼントを贈る時期は各家庭によってさまざまです。

よって、「いつから枕元にプレゼントを置くか」というのは親の自由です。

 

私の周囲では、生まれて最初のクリスマスからプレゼントを贈っているママが多かったようですが、「プレゼントを枕元に置いた」という方は少なかったように思います。

もちろん「プレゼントはまだ早い」と考えるママもいらっしゃいました。

私の場合は、「自己満足」として生まれてすぐのクリスマスからプレゼントを贈りました。

 

おわりに

赤ちゃんにとって生まれて初めてのクリスマスですから、親としてはあれもこれもしてあげたくなりますよね?

しかし、赤ちゃんの時期はまだまだ制限が多いものです。

キレイなイルミネーションと引き換えに風邪をもらってしまったり、クリスマスケーキを味見させたが故にアレルギーを発症しては元も子もありません。

また、産後しばらくはママの体調も不安定で疲れやすく、授乳中の方であれば風邪をひいても薬に頼ることができません。

そう考えると、ママにとっても赤ちゃんにとっても、ゆっくりと温かい室内で過ごすクリスマスの方が安心ではないでしょうか。

親子で記念に残るクリスマスを、そして安心・安全なクリスマスを楽しんで下さいね。

 

スポンサーリンク

 - 四季・育児のイベント

  関連記事

赤ちゃん初節句!ひな人形は誰がプレゼントする?赤ちゃんの衣装は?

三月三日、ひな祭り。 赤ちゃんにとっての初節句は、家族みんなでお祝いしたいもので …

産後の妻へ!お勧めのクリスマスプレゼントは?

今年出産した奥様へ「クリスマスプレゼントを渡したい!」とお考えの旦那様へ! &n …

赤ちゃんが動物園を楽しめるのは何カ月?菌やアレルギーは平気?

毎日、育児に奮闘しているみなさん!   たまには息抜きのために、「赤ち …

赤ちゃんのひな祭りのご飯やケーキは?

ひな祭りは、女の子の成長をお祝いするためのものです。 できれば「盛大にお祝いした …

赤ちゃんとのお正月!お出かけ(初詣・帰省)のコツは?

赤ちゃんと初めてのお正月を迎える新米ママさん!   毎年恒例の「初詣」 …

赤ちゃん100日祝い!指輪の意味とお勧めベビーリングは?

「ベビーリング」というのをご存じですか?   名前の通り、「赤ちゃんへ …

赤ちゃんへクリスマスプレゼント!月例に合ったおもちゃは?

赤ちゃんと迎える初めてのクリスマス。 「生まれて来てくれた我が子へ、何かクリスマ …

【9・10・11カ月】赤ちゃんにクリスマスケーキはいつから?

クリスマスの楽しみと言えば、何と言っても「クリスマスケーキ」ですよね? 大人の私 …

赤ちゃん連れのクリスマス会!1000円前後のプレゼントは?

クリスマスの時期が近づいてくると、ママ友や地域の子育てサークルの仲間と一緒に「ク …

赤ちゃんの手形を上手にとるコツと注意点は?

生まれたての赤ちゃんの「手」って、ものすごく小さいですよね? そんな赤ちゃんの小 …