母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんの鼻水の色でわかることは?毎日耳鼻科へ通うべき?

      2017/05/20

小さくてとっても弱々しく見える赤ちゃん。

いくら気をつけていても、風邪を引いてしまうことは避けられません。

特に、小さい子はすぐに鼻風邪をひきますので、鼻水をダラダラと出している様子は苦しそうで、親の方も辛くなってしまいますよね?

特に「初めての子育て」で「初めての鼻風邪」という場合には、あたふたしてしまうのではないでしょうか。

 

でも!

赤ちゃんが鼻風邪を引いたとき、一番辛いのは赤ちゃん本人です!

不安な気持ちはわかりますが、まずは落ち着き、赤ちゃんが少しでも楽に過ごせるようサポートしてあげましょう。

 

今回は、「赤ちゃんの鼻水からわかること」と「鼻水への対処法」などについてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが風邪かどうかは鼻水の色でわかる?

赤ちゃんの鼻水が出ていると「風邪をひいてしまったのでは!」と思い込んでしまうものですが、必ずしもそうとは限りません。

赤ちゃんの鼻水にはいくつか種類があり、それぞれ原因が異なります。

鼻水の原因は、赤ちゃんの鼻水の「色」によって推測することができます。

赤ちゃんの鼻水の色は、透明から緑色までバリエーションがありますので、それぞれの色と考えられる原因について見て行きましょう。

 

(1)透明

「透明な鼻水」から考えられる原因は多岐にわたります。

例えば、

・鼻の中のゴミやホコリなどを排出するため

・アレルギーの影響

・風邪の引き始め

・鼻風邪

・気温の変化への反応

などが挙げられます。

「鼻水以外に変わったところはない」「苦しそうな様子はない」のであれば一時的な症状かもしれないので、自宅で様子を見ていいと思います。

ただ、「風邪の前兆」である可能性もありますので、

・しっかり休ませる

・外出を控える

・(離乳食が始まっているのであれば)栄養のあるものを食べさせる

・部屋の空気を加湿する

など普段より気を配っておくと安心ですね。

 

(2)黄色/緑

「黄色」や「緑」の鼻水は、細菌に感染している可能性があります。

例えば、

・中耳炎

・副鼻腔炎

などが考えられます。

赤ちゃんの鼻水が、透明から色付きに変化してきたら注意が必要です。

 

赤ちゃんの鼻水を軽減するには?

赤ちゃんが鼻水を流していたら「早く止めてあげたい」と思ってしまうものですが、残念ながら「鼻水をすぐに止めることはできない」と考えたほうが良いです。

それよりも、「鼻水が出ていても楽に過ごせる方法」を考えるよう、頭を切り替えて行きましょう。

赤ちゃんの鼻水の辛さを和らげる方法はこちらです。

 

(1)部屋の加湿をする

部屋の空気が乾燥していると、鼻が詰まったり、鼻水だけでなく咳まで出てくるようになります。

鼻水を出やすくするために、加湿を心掛けましょう。

普段から加湿をしておくと、風邪や病気の予防にも繋がります。

 

(2)鼻水を吸い取る

赤ちゃんの鼻水を吸い取る「専用の道具」や「機械」 があるのをご存じですか?

このような道具を使って鼻水をこまめに吸い取ってあげると、赤ちゃんもすっきりするでしょう。

口で吸うタイプの道具を使う場合には、吸い取る側の方(大人)に風邪が移らないように注意が必要です。

 

(3)病院へ行き、適切な治療を受ける

鼻水が流れ出てくるうちは、こまめに吸い取るのが一番ですが、鼻が詰まるようになってきたら病院へ行き、必要であれば薬を処方してもらった方がいいと思います。

「小さな赤ちゃんに薬を飲ませても大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、病院ではきちんと体重を測って薬の量を決めるので心配いりません。

たとえ薬の必要がなかったとしても、いろいろとアドバイスを受けることもできますので、心配なときは病院で診てもらうようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに薬を飲ませるにはどうしたらいいの?

病院で処方される赤ちゃん用の薬は、液体のシロップであることがほとんどです。

もし粉薬を処方された場合は、ごく少量のお湯で溶いて与えましょう。

 

赤ちゃんへ薬を飲ませるときは、

・スプーン

・スポイト

を使って少しずつ飲ませます。

哺乳瓶を使ってくれる赤ちゃんであれば、飲み口だけをくわえさせ、そこに薬を注ぐとこぼさずに飲んでくれます。

 

離乳食が始まっているのであれば、上記の方法に加えて

・ヨーグルト

・バナナペースト

・カスタードクリーム

・ジュース

・アイスクリーム

・プリン

などの口当たりの良いものに混ぜてあげてもいいでしょう。

(ジュースやアイスクリームの味によっては、薬の味がまずく感じることもあるそうなので、どんな食べ物と相性がよいか医師に確認してみて下さい)

薬を食品に混ぜて与える場合は、液体よりも粉薬のほうが使いやすいと思います。

また、薬を全体に均等に混ぜてしまうと全部食べ切れないこともありますので、なるべく薬を1カ所にまとめて食べ物で包み込み、一口で食べられるようにするとうまく行きます。

どうしても粉薬を飲んでくれないというときは、粉薬をお湯でペースト状に練り、赤ちゃんの口の中(頬の内側)に付けます。

その後すぐに水分(母乳や白湯など)を与えるやり方もお勧めです。

 

赤ちゃんの鼻水吸引のために毎日耳鼻科へ行ってもいいの?

「赤ちゃんの鼻水がうまく吸えない」というママであれば、耳鼻科で吸引してもらう手もあります。

しかし、ママの中には「鼻水を吸引するだけなのに、耳鼻科へ行ってもいいのかしら」と遠慮している方もいらっしゃるようで、これには賛否両論あるようです。

 

「賛成派」の意見には、

・鼻水吸引に慣れていない親がするよりも、手慣れている医師や看護師にお願いした方がよい

・医師に吸引してもらった方が、回復が早い気がする

というものがあります。

 

「反対派」の意見には、

・病院に行く頻度が多いと、病気をもらってきてしまう可能性が高い

・具合の悪い赤ちゃんを長時間病院で待たせるのはかわいそう

・病院で吸引してもらっても、家に着くころには鼻水が流れ出ているので意味がない

というものがあり、「病院での吸引に効果を感じるか否か」によって意見が分かれるよう思います。

 

私の経験上、1日1~2回病院で吸引してもらったとしても、鼻水が治まることはありません(苦笑)。

毎日病院に通って赤ちゃんの体力を消耗させるよりも、自宅で鼻水吸引をした方が母子ともに楽な気がします。

ただ、病院側は「鼻水の吸引だけのために毎日耳鼻科に来る」からと言って、迷惑に思ったりはしません。

病院に任せることでママが安心できるのであれば、毎日通院してもいいのではないでしょうか?

 

赤ちゃんが鼻水を出している時はお風呂に入っていいの?

鼻風邪の症状が出ている時のお風呂についても、これまた賛否両論あります。

 

風邪の症状が、

・鼻水

・咳

・くしゃみ

程度でどれも軽く、「母乳(離乳食)の量も普段と変わらず、熱もない」のであれば、お風呂に入れても問題ないと思います。

 

しかし、

 

・熱がある

・機嫌が悪い

・中耳炎にかかっている

・医師からの指示がある

 

という場合には入れないようにしましょう。

 

もし「お風呂に入れるべきかどうか」わからないときは、私は入れずにホットタオルで体を拭いたり、手足とおしりだけ洗ってあげていました。

 

おわりに

赤ちゃんはすぐに鼻水を出すものですから、最初は慣れない鼻水の吸引だって、そのうち上手になってきます!

他人の鼻水は汚いと感じるものですが、我が子の鼻水だけは汚いと感じないものですよね?

むしろ、我が子の鼻水が大量に取れたときは「こんなに出てきた~!」と嬉しくなるほどです!

 

赤ちゃんや子供はしょっちゅう鼻風邪を引きますので、親の方はだんだんと慣れてきてしまいます。

それ自体はまったく悪いことではありません。

しかし、「いつもの鼻風邪と違う」「何かがおかしい」と感じたときは、迷わず病院へ行きましょう。

親だからこそ気付く小さな疑問が、大きな病気のサインである場合も否定できないからです。

過剰に心配する必要はありませんが、「たかが鼻風邪」であっても、あなたのカンを信じることも大切です!

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの風邪と体の異常

  関連記事

赤ちゃんの口内炎の原因は?痛がるときの食事はどうする?

ビタミン不足、不摂生、体調不良のほか、口の中を傷付けてしまったときなどにできる口 …

赤ちゃん【喉】からゴロゴロ!痰がからむ【咳】は危険?

赤ちゃんの喉が「ゴロゴロ」「ゼロゼロ」していることがありませんか?   …

赤ちゃんでも夏バテする?夏バテ対処法は?

夏の時期。 風邪やインフルエンザのリスクが減るため、ママにとってはちょっと「一安 …

赤ちゃん「夏風邪」の種類(嘔吐下痢・発熱・咳・鼻)と予防法は?

赤ちゃんや小さなお子さんは、すぐ風邪を引きますよね? 我が子も「鼻水を垂らさない …

赤ちゃんの【咳】熱はなく元気なのになぜ?

赤ちゃんが咳をしているとき、真っ先に疑うのは「風邪」ですよね? でも「熱はないし …

赤ちゃんも風邪ひくの?症状と病院へ行く目安は?

ある日突然、赤ちゃんの元気がなくなったり、赤ちゃんの身体が熱くなっていたらびっく …

喉が痛いとよだれが増える?赤ちゃんの喉の痛みの対処法は?

私達母親は、発熱、鼻水、咳などの症状によって「赤ちゃんが風邪をひいた」とわかりま …

赤ちゃんや子供の風邪予防にヨーグルトがお勧め?

生まれたばかりの赤ちゃんには、免疫力がありません。 そんな赤ちゃんは、母乳を飲む …

赤ちゃんの頭の形は変わる?いつまでに治す?

生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、片手の中に納まってしまうほど小さく、とても愛らし …

子供の風邪予防は食事から!お勧めの食材は?

赤ちゃんが生まれた直後は家の中で過ごす時間が長いですから、風邪も引かずに元気に過 …