母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんが母乳を飲まないのは便秘のせい?

      2015/10/31

母乳育児をスタートしてから、今日まで順調に来ていたはずなのに、「今朝から突然、赤ちゃんが母乳を拒否し始めた!」ということはありませんか?

授乳しようとすると「泣いて嫌がる」「のけぞってギャン泣きする」「顔を背ける」なんていうことがあるかもしれません。

こんなことをされた日には、母として、かなり落ち込みますよね?

しかし、赤ちゃんはママを拒否しているのではありません。

赤ちゃんが母乳を飲まなくなる原因はいくつかありますが、もしかして便秘しているのかもしれません。

今回は「赤ちゃんが便秘になると、母乳を飲まなくなるのか」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんが母乳を飲まなくなった原因は?

これまで母乳をよく飲んでいた赤ちゃんが、ある日突然、母乳を飲まなくなることがあります。

急に母乳を飲まなくなったら「どこか悪いのか?」「何がいけないのか?」と不安になりますよね?

1歳未満の赤ちゃんが、自分から「卒乳」することは滅多にありませんので、何か原因がありそうですね。

赤ちゃんが、急に母乳を飲まなくなることを「哺乳ストライキ」と言うそうですが、考えられる原因をあげてみます。

 

★母乳の味の変化

最近、油っこいものや糖分の多いものを食べ過ぎていませんか?

ママが脂質や糖分を取りすぎると、母乳の質が低下し、赤ちゃんにとって飲みづらい母乳になる可能性があります。

味に敏感な赤ちゃんの場合、母乳の質が悪くなって、美味しくなくなると、母乳を飲まなくなることもあるそうです。

 

★乳腺が詰まっている

詰まっている、もしくは詰まりかけている乳腺があり、母乳が出てこないのかもしれません。

このまま放置しておくと、乳腺炎になる可能性もありますので、赤ちゃんが授乳を拒否したときは、乳房の状態をチェックしてみて下さいね。

 

★哺乳瓶に慣れてしまった

ミルクと混合の場合や、母乳以外の飲み物(白湯や麦茶など)を哺乳瓶で与えている場合、哺乳瓶に慣れてしまうことが考えられます。

哺乳瓶は、母乳と違って、とても簡単に飲むことができるので、哺乳瓶に慣れてしまった赤ちゃんは、母乳を嫌がることがあります。

 

★環境の変化

赤ちゃんは、成長とともに、周囲の状況が見えてきます。

来客があったり、周囲の音がうるさかったり、ママの使っているせっけんや香水の匂いが変わったり、日常生活のパターンが変わることで、母乳を飲まなくなることがあります。

 

★離乳食の味に慣れてしまった

離乳食で濃い味に慣れてしまったり、果汁やイオン水などで強い甘みに慣れてしまうと、母乳の味をおいしく感じられなくなる赤ちゃんもいるようです。

 

★歯が生えてきている

歯が生え始めるときは、はぐきが痒くなるため、口内が気になって、哺乳に専念できなくなることがあります。

 

★体調が悪い

熱がある、風邪で鼻が詰まっている、喉が痛いなど、体調が悪いときは、母乳を飲みが悪くなります。

 

★便秘

数日間、うんちが出ていない場合、便秘の可能性があります。

便秘のせいで食欲が落ち、母乳を嫌がることがあります。

 

赤ちゃんが母乳を飲んでくれないと、ママの乳房が張ってきてしまい、乳腺炎に繋がったり、母乳の分泌が減ってしまう可能性があります。

こまめに搾乳をして、絞った母乳をスプーンで赤ちゃんに与えてみましょう。

このとき、哺乳瓶を使うと「哺乳ストライキ」が加速する危険があるため、出来るだけ哺乳瓶は使わないようにしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが便秘だと母乳を飲まなくなる?

赤ちゃんが、急に母乳を飲まなくなる原因は、ご紹介した通りです。

 

この中で、よくあるパターンは、赤ちゃんの「便秘」です。

 

例えば、

 

・赤ちゃんに母乳を拒否されたと思ったら、その後、大量のうんちをし、排便したら再び母乳を飲むようになった

・母乳を飲んでいても、すぐ乳首を口から離してしまっていたが、数日間の便秘が原因だった

・母乳を飲まない日が続き、脱水が心配で病院へ行ったら「便秘」と診断された。浣腸してうんちを出したら、以前のように母乳をたくさん飲むようになった。

 

このように、便秘のせいで、赤ちゃんの食欲が低下していたり、便意に気が取られて母乳を飲むことに集中できないケースもあります。

大人でも、便秘のときは食欲がなくなったり、食事の量が減ることがありますよね?

赤ちゃんも一緒なのです。

赤ちゃんの便秘を解消するには?

赤ちゃんの場合、数日間、うんちが出ないことはよくあります。

毎日うんちが出ないからと言って、必ずしも「便秘」とは言い切れません。

 

しかし、本当に便秘だった場合、便秘は赤ちゃんにとって苦しいものですし、母乳を飲む量が減ることは、十分考えられます。

母乳の飲みを回復させるためにも、まずは便秘を解消してあげましょう。

 

便秘を解消するには、水分補給を十分に行い、離乳食に食物繊維の多い食品を取り入れたり、赤ちゃんの体を冷やさない工夫が必要です。

自分で動けない赤ちゃんの場合、運動不足によって便秘になることもありますので、お腹をマッサージしたり、腹這いにさせて、腸を刺激することも効果的です。

また、生活リズムの変化、環境の変化などによって、ストレスがかかると、便秘してしまう赤ちゃんもいます。

 

(「1~3カ月の赤ちゃんの便秘!母乳との関係は?」「母乳育児の赤ちゃんの便秘!?改善する離乳食とは?」に関連記事を書いています。)

 

赤ちゃんの便秘を改善するには、これらのことを改善する必要がありますが、赤ちゃんの便秘の根本的な原因として考えられるのは「腸内環境の乱れ」です。

特に、離乳食が始まると、腸内環境のバランスが乱れがちなので、腸内環境を整えてあげる必要があります。

 

腸内環境を整えるには「オリゴ糖」がお勧めです。

オリゴ糖には、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きがあり、ママ達の間でも人気があります。

無添加で、副作用の心配がない「オリゴ糖」なら、新生児のうちから使うことが出来ますので、ぜひ試してみて下さいね。

腸内環境を整え、便秘を改善していけば、赤ちゃんの母乳の飲み具合も増えて行くでしょう。

まとめ

我が家の子供達も、母乳を飲むのを拒否した時期がありました。

特に、お客さんが来たとき、旅行中、引っ越し後など、大きく環境が変化したことをきっかけに、しばらくの間、母乳を嫌がりました。

私の方は乳房が張ってしまうから母乳をたくさん飲ませたいのに、子供からは、のけぞって母乳を拒否され、とっても困った覚えがあります。

しかし、そんなことも、一時期です。

また、母乳をしっかり飲んでくれるときが戻ってきます。

母乳を拒否されると、「母乳が美味しくないのではないか」と自分を責めてしまうママもいるかもしれませんが、思い当たることがない限り、「哺乳ストライキしてるのね」と、どんと構えていて下さいね。

 

赤ちゃんの便秘が悪化すると、うんちが固くなって痔になってしまうこともあります。

「母乳を飲まない ⇒ 水分不足 ⇒ うんちが固くなる ⇒ 便秘」という悪循環になる前に、腸内環境を整えて、自然な排便リズムを付けてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳っ子の体の気がかり, 母乳っ子の便秘

  関連記事

母乳育児だと赤ちゃんが脱水になる?

母乳育児のデメリットの一つに「赤ちゃんが飲んだ母乳量がわからない」ということが考 …

母乳だと赤ちゃんが鉄分不足に?

「母乳にはミルクよりも、鉄分の含有量が少ない」「完母の赤ちゃんは貧血になりやすい …

母乳育児の赤ちゃんのうんちの色と回数は?

毎日行う赤ちゃんのオムツ替え。 「さっき替えたばかりなのに~」「またうんち出たの …

母乳っ子はアレルギーになりやすい?

「母乳の質は、ママの食事と関係している」と言われています。 そのため、「ママが卵 …

赤ちゃんの痔はどうすれば治る?痔の対処法は?

「赤ちゃんのうんちが出にくくなった」「うんちが固くなった」と感じていませんか? …

授乳中の新生児でもインフルエンザにかかるの!?

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、免疫力があるため「風邪を引きにくい」と言われています …

赤ちゃんの便秘!一週間出ないときは病院へ行くべき?

赤ちゃんは、生まれてから、一日に数回うんちをします。 うんちの回数が多い赤ちゃん …

赤ちゃんのおならが臭いのは便秘が原因?

「赤ちゃんのおならが臭くなった!」「最近、おならばかりしている!」と、赤ちゃんの …

赤ちゃんの便秘!離乳食にさつまいもは効く?

赤ちゃんは、一日に何回もうんちをします。 新生児のうちは、授乳のたびにうんちをす …

母乳育児っ子は離乳食を食べない!?

母乳育児は順調に進んで来たものの「離乳食が進まない!」とお困りですか? 「生後○ …