母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

授乳中の新生児でもインフルエンザにかかるの!?

      2015/10/09

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、免疫力があるため「風邪を引きにくい」と言われていますが、インフルエンザにもかかりにくいのでしょうか?

インフルエンザは、健康な大人がかかっても辛いのに、体力のない赤ちゃんがかかってしまったらと思うと、とても心配ですよね?

月齢の低い赤ちゃんの場合、薬が飲めるか気になりますし、どうやって対処したらいいのか、ママも不安だと思います。

今回は「赤ちゃんでもインフルエンザにかかるのか?」「赤ちゃんがインフルエンザにかかった場合の対処法」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんでもインフルエンザにかかるの?

生まれたばかりの新生児でも、インフルエンザにかかるのでしょうか?

 

答えは「YES」です。

 

インフルエンザの場合、母乳に含まれる免疫力は役に立たないため、月齢や年齢に関わらず、赤ちゃんでもインフルエンザに感染する可能性があります。

家族の中に、インフルエンザにかかった人がいる場合は、特に注意が必要です。

赤ちゃんのインフルエンザの症状は?

赤ちゃんに、次のような症状が出たら、インフルエンザを疑って下さい。

 

○急に高熱(38度以上)が出る

○体がとても熱い

○母乳の飲みが悪い、欲しがらない

○ぐったりしている

○機嫌が悪い

○泣き方に元気がない

○咳、鼻水などの風邪の症状がある

○下痢や嘔吐などの症状がある

 

これ以外に、家族や周りにインフルエンザにかかった人がいるか、風邪気味の子供と接触したか、人混みへ出かけたか、なども考えてみましょう。

 

インフルエンザにかかると、大人でもぐったりしますよね。

赤ちゃんも同じように、元気がなくなり、ぐずぐずと機嫌が悪くなります。

泣き声も弱々しくなります。

「赤ちゃんがの様子がいつも違う?」と感じたら、ママの直観はだいたい当たります。

 

インフルエンザにかかった場合、一般的には「急な高熱から始まる」と言われています。

しかし、赤ちゃんの場合は、発熱の前に、咳や鼻水などが初期症状として現れることがよくあるため、風邪との区別が難しくなります。

インフルエンザの高熱は3~4日続くことが多く、もともと体温が高い赤ちゃんの場合、40度近くまで熱が上がることもあります。

いったん下がった熱が再び上がることもありますが、1週間~10日くらい完治するようです。

体が未熟な赤ちゃんの場合、インフルエンザの合併症として「肺炎」や「中耳炎」を引き起こす可能性もあります。

「赤ちゃんの様子が何だか変だな」と思ったら、まずは小児科を受診して下さいね。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんがインフルエンザにかかったら薬は使える?

赤ちゃんがインフルエンザにかかってしまった場合、薬を服用することはできるのでしょうか?

 

<インフルエンザの薬>

抗インフルエンザの薬は、1歳未満の赤ちゃんの使用に安全性が確認されていないため「使うことはできません」。

つまり、赤ちゃんがインフルエンザにかかったときは、自然に治癒するのを待つしかないのです。

赤ちゃんの辛そうな姿を見守るのは、ママの心も痛むでしょうが、赤ちゃんがいち早く回復できるように、サポートしてあげて下さいね。

 

<解熱剤>

「熱が出る」のは、体内のウイルスを死滅させるための、体の自然な反応です。

解熱剤で無理に熱を下げてしまうことは、結果的に、インフルエンザからの回復を遅らせることに繋がるかもしれません。

発熱していても、過度に心配せず、自然に熱が下がるのを見守りましょう。

 

ただ、あまりにも熱が高い日が続いて、赤ちゃんが「ぐったりしている」「母乳が飲めない」場合は、赤ちゃんが脱水症状になったり、体力が落ちてしまうこともあります。

体温は「少し」下がるだけでも、体が楽になりますので、食欲が沸いたり、ぐっすり眠ったりできるようになります。

赤ちゃんの体の状態によっては、解熱剤を使用した方がいい場合があるかもしれません。

 

解熱剤には、いくつか種類があります。

解熱剤の種類によっては、その副作用で、赤ちゃんに嘔吐や痙攣を引き起こしたり、脳症の原因になるものもあります。

赤ちゃんに、市販の解熱剤を与えるのは「危険」です。

必ず、医師に処方された薬を与えるようにして下さいね。

 

解熱剤は、「服用後2時間後に、体温が0.5度下がっていれば」薬が効いている証拠です。

大幅に下がらないからと言って、薬の量や回数を増やしてはいけません!

解熱剤は、「赤ちゃんが本当に辛そうなとき」に「一時的に」使用するものなので、連続して何度も与えないよう注意しましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかったときの対処法は?

言葉が喋れない赤ちゃんの場合、ママは赤ちゃんの様子を見て、体の調子を判断しなければなりません。

しっかりと赤ちゃんを観察してくださいね。

インフルエンザにかかった赤ちゃんのお世話のポイントはこちらです。

 

○高熱が出るとたくさん汗をかきますので、汗が冷えないように、こまめに着替えさせてあげましょう。

○熱が出る前は寒気がするので、体を温かくした方がいいのですが、熱が上がり切った後は、一枚脱がせてあげたほうが、熱が下がりやすくなります。

○発熱によって水分を奪われるので、母乳をこまめに与えましょう。母乳を飲んでいれば、その他の水分は、特に必要ありません。母乳や水分は、咳や痰を鎮めることにも役立ちます。母乳や水分が取れなくなったり、嘔吐や下痢を伴う場合は「脱水」になっている可能性がありますので、おしっこが出ているか、肌や唇が乾燥していないか、よく観察しましょう。

○乾燥や汚れた空気によって、咳がひどくなったり、ウイルスが舞いやすくなります。部屋の保湿と換気をしましょう。

○鼻水が多い場合は、赤ちゃん用の鼻吸い器などを使って、こまめに鼻水を吸い取ってあげて下さい。鼻をかむことができない赤ちゃんは、鼻水のせいで咳がひどくなったり、嘔吐を引き起こしたりします。鼻水は、鼻に入ったウイルスを出すための体の反応なので、鼻水を無理に止めるのではなく、湿度を上げて、鼻水を出しやすくしてあげましょう。

○離乳食が始まっている場合は、無理に食べさせないようにしましょう。

○日に日に症状が悪化していく場合は、肺炎や中耳炎などの合併症を引き起こしている可能性もありますので、もう一度病院へ行くようにしましょう。

 

赤ちゃんが病気になると、一日中抱っこだったり、寝ないでぐずり続けたりと、お世話するママも大変です。

赤ちゃんからインフルエンザをもらわないよう、ママはマスクをや手洗いを忘れないで下さいね。

(「授乳中のママがインフルエンザ!赤ちゃんへ授乳できる?」に関連記事を書いています。)

まとめ

うちの第二子は、生後2か月でインフルエンザにかかりました…。

インフルエンザだとは思わず、ただの風邪だと思っていたのですが、熱が高かったので病院へ行ったら「インフルエンザです」と言われました…。

生後2か月だったので、もちろん薬は飲むことは出来ず、「しっかり母乳を与えて、脱水にだけ気を付けて下さい」と言われて帰ってきたのを覚えています。

当時の病院の医師によると、「もともと赤ちゃんは平熱が高いので、40度くらいはすぐに出るし、大人ほど体は辛くないから」と言うことでした。

確かに、熱出しても走り回ってる子っていますからね。(←うちの子)

赤ちゃんのインフルエンザが疑われた場合は、インフルエンザなのか風邪なのかを確認するために、医師の診断を受けることは必要だと思いますが、もし、インフルエンザと診断された場合でも、ママは慌てなくて大丈夫です。

「赤ちゃんのインフルエンザ」と聞くと、とても怖い気がしますが、「赤ちゃんに備わっている力」を信じてあげることが一番だと思います。

 

スポンサーリンク

 - 母乳っ子の体の気がかり

  関連記事

母乳育児っ子は離乳食を食べない!?

母乳育児は順調に進んで来たものの「離乳食が進まない!」とお困りですか? 「生後○ …

赤ちゃんのおならが臭いのは便秘が原因?

「赤ちゃんのおならが臭くなった!」「最近、おならばかりしている!」と、赤ちゃんの …

赤ちゃんの母乳後のしゃっくり!放置していいの?

私が子育てをして初めて気づいたこと・・・。   それは「赤ちゃんは、よ …

赤ちゃんが母乳を飲まないのは便秘のせい?

母乳育児をスタートしてから、今日まで順調に来ていたはずなのに、「今朝から突然、赤 …

母乳っ子はアレルギーになりやすい?

「母乳の質は、ママの食事と関係している」と言われています。 そのため、「ママが卵 …

赤ちゃんの頭が大きいけど大丈夫?病気の可能性も?

赤ちゃんの頭の大きさは、体に比べて大きいですよね? それが赤ちゃんらしさでもあり …

赤ちゃんの便秘!一週間出ないときは病院へ行くべき?

赤ちゃんは、生まれてから、一日に数回うんちをします。 うんちの回数が多い赤ちゃん …

赤ちゃんの便秘!母乳のママはヨーグルトを食べるべき?

赤ちゃんのうんちが何日も出ないと、心配になりますよね? 特に、母乳育児をしている …

1~3カ月の赤ちゃんの便秘!母乳との関係は?

「母乳を飲んでる赤ちゃんの便は柔らかい」「母乳を飲んでる赤ちゃんは便秘しない」と …

母乳だと赤ちゃんが鉄分不足に?

「母乳にはミルクよりも、鉄分の含有量が少ない」「完母の赤ちゃんは貧血になりやすい …