母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんの【咳】熱はなく元気なのになぜ?

      2017/05/17

赤ちゃんが咳をしているとき、真っ先に疑うのは「風邪」ですよね?

でも「熱はないし、元気だし、機嫌もいいし、食欲もあるし・・・」という場合、赤ちゃんがなぜ咳をしているのか気になりませんか?

特に新米ママであれば、苦しそうに咳込んでいる様子を見ると「早く何とかしてあげないと!」と思ってしまうことでしょう。

 

しかし、赤ちゃんの咳は、必ずしも風邪や病気によるものではないのです!

まずは落ち着いて、赤ちゃんの咳を観察してみましょう。

 

今回は「赤ちゃんの咳からわかること」や「注意すべき咳の種類」「咳で嘔吐してしまうときの対処法」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

風邪でなくても赤ちゃんは咳をする?

赤ちゃんが咳をしていると、とても心配ですよね?

しかし、赤ちゃんが咳をしているからと言って、必ずしも病気によるものだとは言い切れません。

これは大人でも同じですよね。

風邪以外で咳が出るのは次のような理由が考えられます。

 

◇異物を出すため

咳というのは、口から肺につながる「気道」「気管支」「喉」といった場所に異物が入ってしまった場合、異物を排除するため起こるものです。

つまり、ほこり、ウイルス、細菌などを体内に入れないための身体の防御反応の一つなのです。

この場合の咳は「コンコン」といった音が出ることが多いようです。

 

◇乾燥や気温差

空気が乾燥していると喉の粘膜が乾燥して咳が出やすくなります。

また、気温差が激しいと気管支が刺激され「コンコン」といった咳が出てくることがあります。

 

赤ちゃんが咳をするということは、「赤ちゃんの体がしっかりと機能している」というサインだと考えられますね。

 

赤ちゃんの咳は「音」に注意?病院へ行く目安は?

赤ちゃんの咳が出始めたら「咳の音」に注意してみて下さい。

「音の種類」は、注意が必要なものかどうかを知る一つの目安となります。

赤ちゃんの咳の種類はこちらです。

 

コンコン

先ほどご紹介したように異物が入ってしまったものを追い出すときの咳は「コンコン」という乾いた響きが特徴です。

ですが、風邪の初期症状でもコンコンという咳が出ます

特に、「咽頭炎」や「扁桃腺炎」など喉の風邪や、「百日咳」「マイコプラズマ感染症」の場合は、コンコンという咳が出やすいようです。

乾いた咳をしているうえ、「元気がない」「熱っぽい」「鼻水が出始めている」などほかの症状が見られる場合は風邪の可能性があります。

 

ゴホゴホ・ゲホゲホ

「ゴホゴホ」「ゲホゲホ」といったような湿った咳は、細菌やウイルスが気管支まで侵入し、気管支周辺が炎症を起こしている可能性があります。

痰が絡んでいる咳が出始めたら注意が必要です。

このような湿った咳の場合は、「発熱」や「のどの痛み」などその他の症状も見られるようです。

 

ケンケン

「ケンケン」と聞こえるような咳をしていたら、ウイルスや細菌感染によって喉が炎症を起こし、喉が腫れて呼吸がしづらくなっている可能性があります。

代表的なものに「クループ症候群」というものがあります。

クループ症候群の場合、ケンケンという乾いた咳のほか「発熱」や「声がれ」「呼吸困難」なども見られるようです。

 

赤ちゃんが咳をしていても、一時的なものであれば生理現象の一つかもしれないので自宅で様子をみましょう。

しかし、「あまりにも激しい咳」や「長引く咳」「気になる咳」の場合は、病院を受診して下さい。

病気によっては、ウイルスや細菌を除去するための薬が必要になることもありますし、治療を受けないでいた場合、赤ちゃんの命に関わる危険性も出てくることもあります。

 

そして、咳というのは「夜間に悪化」するものですから、「ヘンな咳をしている?」と感じたらできるだけ昼間のうちに病院へ行っておきましょう。

もちろん、緊急であれば時間を問わず病院へ行ってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの咳は「鼻詰まり」が原因かも!?

赤ちゃんの咳は、風邪や呼吸器系の疾患によるものとは限りません。

 

実は「鼻詰まり」が原因になっていることもあるのです。

 

風邪や鼻炎、アレルギーなどによって鼻が詰まっているときは、鼻で呼吸ができないためにどうしても「口呼吸」になりがちです。

口呼吸になると、喉が乾燥し喉の粘膜が弱くなってしまうため、「ゲホゲホ」といった咳が出るようになります。

 

赤ちゃんの「鼻水が多い」ときや「鼻詰まり」が疑われるときは、

 

●いつも以上に加湿する

●蒸しタオルで鼻を直接温める(やけどに注意!)

●入浴で全身を温める

●頭を少し高くしてあげる

 

ようにし、鼻の通りをよくすることが咳の改善方法になります。

 

ママの中には、鼻詰まり対策として、

 

●寝室に玉ねぎスライスを置く(玉ねぎの香りには鼻の通りを良くする働きがあるそうです!)

●鼻詰まりにいいとされるユーカリのアロマを炊く(ガーゼやティッシュに垂らして室内に置いても構いません)

●赤ちゃんの胸にヴェポラップを塗る

 

という方もいらっしゃるようです。

 

もし自宅でのケアをしても改善されない場合は、病院で鼻の通りをよくする薬を処方してもらうといいでしょう。

 

赤ちゃんが咳のせいで嘔吐!「咳止め」をもらうべき?

あまりにもひどい咳が出ている場合、咳をしたタイミングで赤ちゃんが嘔吐してしまうこともありますよね?

特に、強い咳込み方をしていると、咳のたびに繰り返し嘔吐することもあるでしょう。

これは、咳をするときに胃が圧迫されしまうためです。

咳で嘔吐しても、赤ちゃんが元気で機嫌がよく、食欲も落ちていないのであれば心配いりません。

ただ、嘔吐の回数が多いと、母乳を飲む量も少なくなってしまいますし、何より「脱水症状」が心配です。

こんな時は病院に行き、適切な薬を処方してもらうといいでしょう。

 

(赤ちゃんの脱水症状については「母乳育児だと赤ちゃんが脱水になる?」に関連記事を書いています。)

 

我が子のかかりつけの医師によると、「咳は大切な防衛本能の一つだから、咳を止める薬は必要ない」そうです。

そのため、咳の時に処方されるのは「痰が切れやすいようにする薬」や「気道を広くするための薬」だけでした。

病院の薬を飲んで「咳が止まらない!」と不安に思わず、赤ちゃんが上手に咳を出せるサポートをしてあげて下さいね。

 

赤ちゃんの咳を軽くするためには?

赤ちゃんの咳が気になり始めたら、まずは病院へ行くことが大切です。

しかし、病院へ行ったからと言ってすぐに咳が治まるわけではありません。

長引く咳を少しでも和らげるために、自宅でもケアを行ってあげましょう。

ママができることはこちらです。

 

◇加湿

乾燥は咳を悪化させますので、部屋の加湿を心がけましょう。

また、加湿しているとホコリが舞いにくいですし、ウイルスの繁殖も予防できます。

加湿器を使ったり、洗濯物を室内に干すと効果的です。

 

◇赤ちゃんの頭部を高くする

赤ちゃんが咳をしているときは、ぜひ抱っこしてあげて下さい。

大人の私達もそうですが、仰向けの姿勢では咳がしづらいですよね?

赤ちゃんにも同じことが言えますので、赤ちゃんが咳をしていたら縦に抱っこしてあげましょう。

横に寝かせるのであれば、枕が少し高くなるようタオルを重ねたりし、添い寝のときは腕枕をしてあげるといいかと思います。

 

◇鼻水を吸い取る

上記でも記載したように、鼻水の量が多かったり、鼻が詰まっていると咳の原因となります。

こまめに鼻水を吸い取り、鼻の通りをよくしてあげましょう。

おわりに

我が子は生後2か月で大きな風邪を引き、百日咳かと思われる激しい咳が続いたことがあります。

顔を真っ赤にし、息が吸えないくらいのひどい咳込み方をしていました。

幸い、百日咳ではありませんでしたが、咳は体力を消耗しますので、その風邪で一気に体重が減ってしまったのを覚えています。

 

赤ちゃんは、身体が小さく内臓も発達段階ですから、咳ひとつでもものすごい体力を使うのでしょうね。

「生理的な咳」と「病気による咳」をできるだけ早く見極めるようにし、柔軟な対応をしてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの風邪と体の異常

  関連記事

赤ちゃんが突然に鼻血!朝よく出る?原因と対処法は?

突然赤ちゃんが鼻血を出したら…。 どこかにぶつけたり鼻を強くかんだりしたわけでも …

赤ちゃんのお尻が青い正体は?注意すべき蒙古斑もある?

赤ちゃんのお尻ってかわいいですよね? そしてよく見ると、お尻に「青いアザ」のよう …

喉が痛いとよだれが増える?赤ちゃんの喉の痛みの対処法は?

私達母親は、発熱、鼻水、咳などの症状によって「赤ちゃんが風邪をひいた」とわかりま …

赤ちゃんの熱は何度から?薬なしでも治る?

赤ちゃんは、突然風邪をひいて熱を出すことがあります。 しかも、高熱! 赤ちゃんの …

赤ちゃんも風邪ひくの?症状と病院へ行く目安は?

ある日突然、赤ちゃんの元気がなくなったり、赤ちゃんの身体が熱くなっていたらびっく …

お腹の風邪!欲しがる赤ちゃんに離乳食は与える?

赤ちゃんがよくかかる風邪の一つに「胃腸炎」があります。 胃腸炎というのは、いわゆ …

赤ちゃんの鼻水の色でわかることは?毎日耳鼻科へ通うべき?

小さくてとっても弱々しく見える赤ちゃん。 いくら気をつけていても、風邪を引いてし …

赤ちゃんの口内炎の原因は?痛がるときの食事はどうする?

ビタミン不足、不摂生、体調不良のほか、口の中を傷付けてしまったときなどにできる口 …

赤ちゃん「夏風邪」の種類(嘔吐下痢・発熱・咳・鼻)と予防法は?

赤ちゃんや小さなお子さんは、すぐ風邪を引きますよね? 我が子も「鼻水を垂らさない …

赤ちゃん【喉】からゴロゴロ!痰がからむ【咳】は危険?

赤ちゃんの喉が「ゴロゴロ」「ゼロゼロ」していることがありませんか?   …