母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

喉が痛いとよだれが増える?赤ちゃんの喉の痛みの対処法は?

      2017/05/27

私達母親は、発熱、鼻水、咳などの症状によって「赤ちゃんが風邪をひいた」とわかります。

 

しかし、「赤ちゃんの喉が痛いかどうか」はわかりにくいですよね?

 

病院へ行き「喉が真っ赤ですね」と医師から指摘されて、初めて「喉が痛かったのだ!」と気付くことができます。

 

赤ちゃんの喉に異常があった場合、病院へ行く前にそれを知る手がかりはないのでしょうか?

 

それが、あるのです!

 

赤ちゃんの喉の異常は、赤ちゃんの「よだれの変化」で察することができます!

 

今回は、「喉の痛みとよだれの関係」や「赤ちゃんの喉の痛みの対処法」「よだれの働き」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんのよだれの量は、喉の病気のサイン?

赤ちゃんというのは、よだれが多いものです。

赤ちゃんの中には、洋服の胸元がびっしょり濡れるくらい、よだれを流す子もいます。

赤ちゃんのよだれの量には個人差がありますので、他の子と比べてよだれの量が多いからといって心配する必要は全くありません。

 

ただ、「普段よりもよだれの量が増えた」という場合は注意が必要です。

なぜなら、「口の中が痛い」または「喉が痛い」ことによって、よだれが急激に増えている可能性があるからです。

赤ちゃんのよだれが急に増えたときに考えられる病気はこちらです。

 

・手足口病

手足口病は夏風邪の一つであり、「高熱」とともに、「手、足、口に水泡」ができる病気です。

熱がないか、水泡がないかをチェックしてみてください。

 

・ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナも夏風邪の一つです。

ヘルパンギーナは、「高熱」とともに「口内に水泡」ができます。

よだれが飲み込めなくなるほどのひどい痛みが起こるため、よだれが増えてしまうようです。

 

・口内炎、咽頭炎

赤ちゃんでも口内炎ができますし、風邪で咽頭炎を発症することもあります。

このような場合も、口や喉の痛みのせいでよだれを飲み込むことができず、よだれがあふれ出て来てしまいます。

 

このように、よだれの量が急激に増えた場合は、口内や喉の異常が起きている可能性があります

 

赤ちゃんの喉が痛いのは風邪だけではない?

「喉の異常」を表す症状の一つに、「喉がかれる」というものがあります。

もし、赤ちゃんの喉がかれていたら、まず最初に「風邪」を疑いますよね?

それは間違いではなく、風邪によって喉が炎症を起こし、声がかれてしまう可能性は大です。

 

しかし、喉がかれるのは病気や風邪によるものだけではありません。

「赤ちゃんの喉」というのはとても細くて未熟です。

そのため、何らかの原因(鼻詰まりなど)によって「口呼吸」をしていると、喉や口の中がすぐに乾燥してしまい、喉がかれてしまうのです。

赤ちゃんの喉がかれているときは、喉の疾患だけでなく「鼻の状態」も見てあげて下さい。

「寝ているときに口が開いていないかどうか」「鼻が詰まっていないかどうか」「口呼吸になっていないかどうか」をチェックすることも大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの喉の痛みを緩和するには?

赤ちゃんのよだれが増えたり口呼吸しているようであれば、喉や口内、または鼻に何らかの異常が起こっている考えられます。

しかし、先ほどご紹介した「手足口病」や「ヘルパンギーナ」は、残念ながら特効薬がありません。

赤ちゃんの喉の痛みが軽減し少しでも早く自然治癒できるよう、ママがサポートしてあげるしかないのです。

自宅でできる喉の痛みへの対処法はこちらです。

 

<水分補給>

口内が痛むあまり、水分を取ることを嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。

しかし、水分が不足すると「脱水症状」の心配が出てくるだけでなく、口の中や喉が渇いて「痛みが悪化」する原因となります。

常温もしくはぬるめの白湯や麦茶をこまめにあげて下さい。

母乳が飲めるのであれば、頻回授乳を行いましょう。

 

<部屋の加湿>

喉の乾燥を防ぐために、部屋の湿度を上げましょう。

適した湿度は40~60%です。

加湿器や室内干しで乾燥を防ぐだけでなく、湿度計を使ってしっかり湿度を測ることも効果的です。

 

<鼻の通りをよくする>

鼻詰まりのせいで口呼吸をしている場合は、鼻の通りをよくしてあげなければなりません。

鼻水が出ているときはこまめに吸い取り、鼻が詰まっているときは、鼻の通りをよくするケアをしてあげましょう。

 

(鼻詰まりへの対処については「赤ちゃんの鼻水の色でわかることは?毎日耳鼻科へ通うべき?」を参考にしてください)

 

 

●赤ちゃんのよだれは健康のバロメーター!よだれの働きとは?

赤ちゃんはよだれが多いものですが、赤ちゃんのよだれが急に増えたり減ったりした場合は何らかの異常が考えられます。

つまり、よだれは赤ちゃんの健康状態を知るためのバロメーターであると言えますね。

さらによだれは、赤ちゃんの成長に欠かせないものなのです!

いったいよだれには、どんな働きがあるのでしょうか?

よだれ(唾液)の主な働きはこちらです。

 

・歯の成長を助ける

唾液に含まれる「パロチン」というホルモンは、歯の成長を促すそうです。

さらに唾液には、そして歯の再石灰化を促す効果もあり、歯を丈夫にする役割もあります。

唾液は、赤ちゃんの歯を丈夫に育てる役割があるのですね。

 

・口内を清潔に保つ

唾液には、免疫抗体や抗菌物質が含まれているそうです。

そのため、口内の細菌の繁殖を抑えて、口内細菌を洗い流す働き(自浄作用)があります。

つまり、歯磨きができない赤ちゃんの口内をキレイに保つ働きがあると言えます。

 

・口内を中性に保つ

口の中が酸性に傾くと、虫歯の原因となります。

唾液には、口内を中性に保つ働きがあるため、虫歯の予防に役立ちます。

また歯の生えていない赤ちゃんであっても、口内環境を良好にすることは大切なことですね。

 

赤ちゃんのよだれは、生後2~3カ月くらいから出始め、顎の筋肉が発達してくると少なくなる傾向にあります。

「よだれが多くて大変!」というママもいらっしゃるかと思いますが、よだれはありがたいものだと認識しましょう!

 

赤ちゃんのよだれかぶれの対処方は?

よだれは赤ちゃんの口内にとって「よい働き」をしてくれますが、よだれをそのままにしておくと起きる「トラブル」があります。

 

それが、「よだれかぶれ」。

 

よだれが「悪者」にならないよう、よだれが出てきたらこまめに拭き取ってあげましょう。

拭き取る際は、ガーゼによだれを含ませるよう、優しくポンポンとたたくように拭くようにし、決してこすらないようにして下さい。

無理にこすってしまうと、肌が傷つき、よだれかぶれが悪化して行きます。

 

既によだれかぶれを起こしている場合は、肌を保護するために赤ちゃんの口の下に白色ワセリンを塗っておくといいでしょう。

ワセリンには肌を保護する働きがありますので、よだれかぶれの改善と同時に、よだれかぶれの予防にもなります。

ワセリンのベタつきが気になる方は、赤ちゃんが舐めても安心な保湿剤がお勧めです。

 

(「赤ちゃんのよだれかぶれ対策は?」「赤ちゃんの肌荒れ!顔にも使えるお勧めの保湿剤は?」に関連記事を書いています。)

 

おわりに

赤ちゃんは、喉が痛かったり喉が渇いてイガイガしても訴えることができません。

そんな赤ちゃんの不快な症状を教えてくれるのが「よだれ」なのですね。

赤ちゃんのよだれの異常を知るために、普段から「その子のよだれの量」をチェックしておくといいでしょう。

我が子はみな、よだれが少ない子だったので、「よだれの異常」にはさっぱり気付きませんでしたが・・・。

 

赤ちゃんは、うがいもマスクもできませんから、喉の異常がわかったときは、とにかく「加湿」と「水分補給」に気を付け、「安静にできる環境」を整えてあげて下さいね!

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの風邪と体の異常

  関連記事

赤ちゃんが突然に鼻血!朝よく出る?原因と対処法は?

突然赤ちゃんが鼻血を出したら…。 どこかにぶつけたり鼻を強くかんだりしたわけでも …

赤ちゃんの鼻水の色でわかることは?毎日耳鼻科へ通うべき?

小さくてとっても弱々しく見える赤ちゃん。 いくら気をつけていても、風邪を引いてし …

赤ちゃんの口内炎の原因は?痛がるときの食事はどうする?

ビタミン不足、不摂生、体調不良のほか、口の中を傷付けてしまったときなどにできる口 …

赤ちゃんのお尻が青い正体は?注意すべき蒙古斑もある?

赤ちゃんのお尻ってかわいいですよね? そしてよく見ると、お尻に「青いアザ」のよう …

赤ちゃんの熱は何度から?薬なしでも治る?

赤ちゃんは、突然風邪をひいて熱を出すことがあります。 しかも、高熱! 赤ちゃんの …

赤ちゃん「夏風邪」の種類(嘔吐下痢・発熱・咳・鼻)と予防法は?

赤ちゃんや小さなお子さんは、すぐ風邪を引きますよね? 我が子も「鼻水を垂らさない …

赤ちゃんの頭の形は変わる?いつまでに治す?

生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、片手の中に納まってしまうほど小さく、とても愛らし …

赤ちゃんでも夏バテする?夏バテ対処法は?

夏の時期。 風邪やインフルエンザのリスクが減るため、ママにとってはちょっと「一安 …

赤ちゃん【喉】からゴロゴロ!痰がからむ【咳】は危険?

赤ちゃんの喉が「ゴロゴロ」「ゼロゼロ」していることがありませんか?   …

赤ちゃんも風邪ひくの?症状と病院へ行く目安は?

ある日突然、赤ちゃんの元気がなくなったり、赤ちゃんの身体が熱くなっていたらびっく …