母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんの頭が大きいけど大丈夫?病気の可能性も?

      2018/03/29

赤ちゃんの頭の大きさは、体に比べて大きいですよね?

それが赤ちゃんらしさでもあり、可愛らしさでもありますが、中には「赤ちゃんの頭が大き過ぎるのではないか?」と心配される親御さんもいらっしゃるようです。

 

我が家の場合は、全員女の子&小さめに生まれたせいか、頭の大きさが気になったことはありませんが、たまに男の子の赤ちゃんに出会うと「さすが!男の赤ちゃんの頭は大きいなあ」と感じたことはあります。

 

もしもあなたが「うちの子の頭は大きい?」と感じたら、まずは何をチェックすべきでしょうか?

 

また、赤ちゃんの頭のサイズが通常よりも大きかった場合、その裏には「病気」が隠れていることもあるのでしょうか?

 

今回は「赤ちゃんの頭が大きいときに確認すべきこと」「赤ちゃんの頭が大きい危険なケース」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの頭が大きい?目安は?

赤ちゃんというのは、体のバランスから見て頭部が大きいものです。

しかし、「赤ちゃんの頭が大き過ぎるのではないか」と気にされる親御さんは意外と多いものですよね?

赤ちゃんの頭の大きさについて「どうしても心配」であれば、まずは赤ちゃんの頭囲のサイズを測ってみましょう。

あなたの赤ちゃんの頭のサイズは平均値より大きいですか?

 

赤ちゃんの頭囲の平均値

◇新生児

・男の子 31.2cm-35.8cm
・女の子 30.4cm-35.3cm

 

◇生後1か月

・男の子 37.7cm
・女の子 37.7cm

 

◇生後3か月

・男の子 41.4cm
・女の子 40.2cm

 

◇生後6か月

・男の子 43.9cm
・女の子 42.7cm

 

◇生後1歳

・男の子 43.6cm~48.8cm
・女の子 42.5cm~47.7cm

 

です。

 

ここで注意したいのは、正しく図ることです。

図り方を間違えると誤差が生じてしまいますので、赤ちゃんの頭のサイズを正しく図るために次の点に気を付けましょう。

 

〇赤ちゃんが機嫌よく、落ち着いているときに測る

〇赤ちゃんを仰向けに寝かせて測る

〇赤ちゃんの後頭部の一番出っ張っている部分と眉毛の高さにメジャーがくるようにして赤ちゃんの頭を一周測る

 

ほとんどの場合は、成長曲線内に治まるようですが・・・いかがでしたか?

 

私の周りでも、「生まれたときから頭が大き目で、体が大きくなるにつれて頭も大きくなって来た」と心配されている方がいらっしゃいました。

見た目からして、周りの子よりも頭が大きかったようですから随分親御さんは気にされていましたが、検診で実際に測ってみると通常の範囲内に治まり、幼稚園に入る頃にはそれほど気にならなくなったとおっしゃっていました。

 

このように、幼児のうちは頭部が占める割合は大きいために頭の大きさが目立ってしまうものですが、成長とともに気にならなくなるものです。

周囲のお子さんと比べるのではなく、成長曲線を目安にするといいですね。

 

もしも、成長曲線から大きくはみ出ていたり、急に頭の大きさが気になるようになって来たのであれば、念のため小児科を受診して下さい。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの頭が大きいのは病気の可能性も?

赤ちゃんの頭が大きい場合、「遺伝」であることが多いようです。

パパやママ、祖父母や親せきなど、身内に頭が大きい人はいらっしゃいませんか?

実は私自身も頭が大きいのですが、父親が「頭の大きい人」でした…。

 

このように、赤ちゃんの頭が大きかった場合「遺伝」という要素は強いようですが、中には病気によるケースもあるようです。

特に、生まれたときから頭が大きかったというよりは、「ここ数カ月で急激に大きくなってきた」という場合、病気が隠れていることが多いようです。

 

赤ちゃんの頭が大きくなる病気を「巨頭症(大頭症)」と言いますが、巨頭症の原因にはいくつかありますのでご紹介します。

 

水頭症(すいとうしょう)

水頭症とは、頭に髄液などがたまる疾患です。

溜まった髄液によって頭蓋骨が押し広げられてしまうことで、頭が大きくなって行きます。

水頭症の原因は、頭のケガや炎症、または脳腫瘍などがあり、時間の経過とともに少しずつ大きくなって行きます。

このほか、出生時から頭の大きい先天的水頭症というものもあります。

 

硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)

硬膜下血腫とは、頭のケガなどをきっかけに脳の表面(硬膜とくも膜の間)に血液がたまってしまう状態を言います。

頭をぶつけて2~3日後から発病する場合と、しばらく時間が経過してから発病する場合があります。

急に赤ちゃんの頭の大きさが気になってきたのであれば、数日前に頭をぶつけたりケガをしていないか、激しく揺さぶられていなかったか振り返ってみて下さい。

 

くも膜嚢胞(くもまくのうほう)

くも膜嚢胞とは、脳にあるくも膜に髄液がたまり嚢胞ができる先天性の疾患です。

この嚢胞が大きくなっていくと頭も大きくなって行きます。

ただ、嚢胞が大きくならず脳に悪影響を与えないケースもありますので、このような場合は治療をせず経過観察となります。

 

もしも赤ちゃんの頭の大きさが気になるのであれば、

 

・成長曲線を超えて大きいかどうか

・ここ2~3カ月で急激に大きくなってきたのかどうか

・ここ数日間の間に頭を打ったりケガをしたかどうか

・頭の大きさと同時に、目の動きに異常が見られるかどうか

・以前と比べて元気かどうか

 

を確認してみて下さい。

 

赤ちゃんの頭が小さい病気もある?

赤ちゃんの頭の病気は「頭が大きくなる病気」だけではありません。

実は、赤ちゃんの頭が成長せず「小さい」という病気もあるのです。

 

赤ちゃんの頭が小さい病気を「小頭症」といい、胎児のときから脳の成長が遅れる場合と、出生後から脳の成長が止まってしまう場合があります。

体は大きくなっていくものの脳の成長が追い付かないため、頭部の小ささだけでなく発達障害にもつながります。

ほとんどの小頭症の原因は不明ですが、原因の一つとして「遺伝子異常・子宮内感染症・胎児期の母体の喫煙・飲酒・放射線の影響」のほか、近年ニュースにもなっている「ジカウイルスの感染」も挙げられます。

 

おわりに

赤ちゃんというのは頭部が大きいものですが、どうしても気になるのであればまずはサイズを測ってみましょう。

また、頭の大きさの裏には病気が隠れていることもありますので、赤ちゃんの動き、反応などもしっかりチェックしてみて下さい。

そのうえで特に問題がないのであれば、あまり考え過ぎることはやめましょう。

赤ちゃんの成長を気にするのはどの親も一緒ですが、気にするあまりストレスを感じたり、育児が楽しめないのはもったいないことです!

また、親が赤ちゃんの頭のサイズを気にしていると、赤ちゃん自身も「頭が大きいのはよくないこと」と認識してしまいますから、頭が大きめであることを前向きにとらえてみませんか?

私自身も頭が大きめなので、よく親から「頭がよい証拠だよ~」と言われて育ちました。(実際には、頭の大きさと知能は関係ありませんが・・・)

ですから私は大人になるまで、自分の頭が大き目であることに気付かなったほどです(笑)。

 

頭の大きさもその子の個性だと思って、しっかり受け止めてあげて下さいね。

 

スポンサーリンク

 - 母乳っ子の体の気がかり, 赤ちゃんの悩み・育児トラブル

  関連記事

赤ちゃんが母乳を飲まないのは便秘のせい?

母乳育児をスタートしてから、今日まで順調に来ていたはずなのに、「今朝から突然、赤 …

赤ちゃんが声を出して笑うようになる時期と笑わせるコツは?

生後間もない赤ちゃんは、基本的には無表情ですよね。 そんな赤ちゃんも生後1~2か …

赤ちゃんの口臭の原因は?口の中を掃除すべき?

  赤ちゃんというのは、「いいにおい」がしますよね? 母乳やミルクしか …

赤ちゃんはタバコの臭いが嫌いって本当?

「タバコを吸った後、赤ちゃんを抱っこしようとしたら嫌がられた」「タバコを吸ったパ …

赤ちゃんが口の中を切ったときの対処法は?

赤ちゃんは怪我をしながら成長して行くものです。 擦り傷や切り傷はよくあることです …

no image
赤ちゃんの日焼け止めクリームは皮膚科で処方してもらえる?

これまでの記事でも書いて来ましたが、日焼け止めクリームには様々な化学物質が含まれ …

台風が来ると赤ちゃんが熱を出すのはなぜ?台風対策は?

日本は台風の多い国です。 台風が近づいて来ると大人の私達でも体調を崩すことがあり …

【6カ月】赤ちゃんがお風呂で泣く!上手な入れ方と洗い方は?

これまで機嫌よくお風呂の時間を過ごしていた赤ちゃんが、ある時期から急にお風呂を嫌 …

赤ちゃんが頭突きしてくる理由は?やめさせるべき?

生まれたばかりの赤ちゃんは寝てばかりですが・・・。   生後数か月も経 …

赤ちゃんの痔はどうすれば治る?痔の対処法は?

「赤ちゃんのうんちが出にくくなった」「うんちが固くなった」と感じていませんか? …