母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

赤ちゃんが便秘なのは離乳食を食べないから?

      2015/11/16

生後半年くらい経つと、離乳食を始める赤ちゃんが多くなります。

離乳食を始めた途端に「便秘がち」になる赤ちゃんも多く、「離乳食のスタート時期」と「便秘が始まった時期」が重なる場合は、離乳食が原因の可能性があります。

しかし、離乳食開始後に便秘になってしまったからといって、離乳食をやめる必要はありません。

離乳食は、赤ちゃんが成長していくためのステップの一つなので、その子に合ったペースで進めて行きましょう。

しかし、赤ちゃんの中には「離乳食をまったく食べてくれない」「離乳食を食べたがらない」という子もたくさんいます。

そんな赤ちゃんの場合は、離乳食をやめるどころか、進むことすらできませんよね?

今回は「赤ちゃんの便秘の原因は離乳食を食べないことが原因か」について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの便秘の原因は離乳食を食べないから?

生後半年を過ぎると、ほとんどのママは赤ちゃんへ離乳食を与えるようになります。

順調にスタートした方もいれば、つまずいてばかりの方もいらっしゃるでしょう。

子育ては思い通りに行かないことが多いですよね。

そして、最初のうちは離乳食をよく食べてくれたのに、「最近、急に離乳食を嫌がるようになった」という赤ちゃんもいると思います。

このように「急に離乳食を食べなくなった赤ちゃん」や、もともと「離乳食を食べない赤ちゃん」の場合、「便秘」になる可能性が高くなります。

なぜなら、離乳食を食べる量が少ないと、便となるカスの量も少ないため、便秘になってしまうからです。

離乳食の時期の赤ちゃんの便秘の原因は?

離乳食を始めた途端、便秘になる赤ちゃんは多くいます。

離乳食をしっかり食べる赤ちゃんでも便秘になりますので、離乳食の時期の赤ちゃんの便秘は「離乳食を食べる量が少ない」ことだけが原因ではありません。

では、ほかにどのような原因があるのかご紹介します。

 

○母乳を飲む量が減少することによる水分不足

○離乳食を食べ始めたことによる腸内環境の変化

○腸が未熟なため、消化がうまく行われない

○同じ物ばかり食べる偏食

○運動不足

 

などが考えられます。

(「母乳育児の赤ちゃんの便秘!?改善する離乳食とは?」「赤ちゃんが便秘したら離乳食はやめるべき?」に関連記事を書いています。)

 

赤ちゃんが便秘かどうかを見極めるのは、「排便の回数」だけではありません。

数日に一回しか排便がなくても、赤ちゃんの機嫌がよく、出てきたうんちが固すぎなければ便秘ではありません。

逆に、毎日排便があっても、排便時に苦しそうだったり、出てきたうんちがコロコロで少ししか出ない場合は、便秘の可能性があります。

赤ちゃんが便秘かどうかは、赤ちゃんの機嫌やうんちの状態が「いつもと違うかどうか」で判断しましょう。

(「赤ちゃんの便秘!一週間出ないときは病院へ行くべき?」に関連記事を書いています。)

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが離乳食を食べないときはどうする?

赤ちゃんが急に離乳食を食べなくなったのは、なぜでしょうか?

残念ながら、その原因は、赤ちゃんにしかわかりません。

では、ママが工夫すべきことはどんなことでしょうか?

 

★離乳食の進み具合をチェックしてみる

離乳食の進みが早く、食材の固さが赤ちゃんの好みに合わないと、急に食べなくなることがあります。

赤ちゃんが食材の歯ごたえや固さに慣れるには、時間がかかるのです。

「離乳食の進みが早いかも」と思われた場合は、離乳食の進みを一つ前の段階に、戻してみましょう。

 

★食欲がない

離乳食を食べないからと言って、母乳の回数を増やしてしまうと、赤ちゃんがお腹いっぱいになり、離乳食を食べなくなってしまいます。

しっかりお腹を空かせてから離乳食をあげるようにしましょう。

とは言え、もともと離乳食を食べない赤ちゃんの場合、どんなにお腹が空いていても離乳食を食べないんですよね…。

 

★水分を多めに与える

離乳食を食べてくれないのなら、水分だけはしっかり与えましょう。

白湯や麦茶などを、コップで与えるといいでしょう。

 

★運動させる

お腹を空かせるためや、腸を刺激するためにも、運動は大切です。

たくさんハイハイさせたり、つかまり立ちをさせたり、お散歩に連れ出したりしてみましょう。

 

離乳食の時期の赤ちゃんの便秘を改善するには?

離乳食の時期の赤ちゃんの便秘を解消するためには、どうしたらいいのか考えてみました。

 

★離乳食の内容を見直してみる

たとえ少量でも、離乳食を食べる赤ちゃんであれば、離乳食のメニューに柔らかいもの、汁気のあるものを取り入れてみて下さい。

食事からも水分を摂取できるので、便秘解消に繋がります。

便を柔らかくするために、海藻類や果物などの水溶性食物繊維や、整腸作用のあるヨーグルトや納豆を与えてみましょう。

また果物に含まれる「果糖」には、便を柔らかくする作用がありますので、果汁や果物を与えるものお勧めです。

市販のジュースは、甘みが強く、虫歯も気になりますので、与えるのであれば「赤ちゃん用ジュース」を、さらに薄めて与えるようにして下さいね。

食物繊維や果物などの「便秘に効きそうな食品」を試しても、「まったく効果が得られない」ということもあります。

そんなときは、腸内環境を良くして便を柔らかくする「オリゴ糖」を試してみて下さい。

オリゴ糖は母乳にも含まれる成分なので新生児から与えることが出来ますし、離乳食や白湯に少量混ぜるだけなので、離乳食をたくさん食べてくれない赤ちゃんにも効果的だと思います。

 

★離乳食の量を見直してみる

離乳食は多すぎても、少なすぎてもよくありません。

少なすぎは便秘の原因になりますが、多過ぎても赤ちゃんの消化に負担がかかり便秘になります。

一定の量を与えるようにしましょう。

赤ちゃんの「離乳食を食べる量」には個人差がありますので、ほかの赤ちゃんや育児書に書いてある食事の量と比べて少ないからと言って、気にする必要はありません。

 

★離乳食のリズムを整える

食生活のリズムが乱れると便秘してしまうのは、大人も一緒です。

離乳食の時間だけでなく、起床時間、お昼寝の時間、お風呂の時間、寝る時間など、なるべく決まった時間に行うことが大切です。

離乳食のリズム、生活のリズムを付けてあげると、そのうち排便リズムも整ってくると思います。

まとめ

離乳食の時期の便秘は、悩みますよね…。

離乳食を食べさせても便秘になるし、与える量が少なくても便秘になりますし。

そもそも、子供の排便リズムが整ってくるのは、小学校低学年くらいだそうです。

大人ですら便秘するのですから、赤ちゃんが便秘しても不思議ではないのです。

赤ちゃんの便秘の原因は複雑ですから、あまり悩まなくていいと思います。

いずれ、排便リズムが整ってくると思いますので、それまでは、うまく対処してあげるしかないと思います。

離乳食を食べるか、食べないか、どれくらいの量を食べるか、それは赤ちゃんに任せて下さい。

ただ、赤ちゃんがふと「今日は食べてみようかな」と思ったときに、いつでも食べられるよう、食事の準備だけはしてあげて下さいね。

私も、離乳食をまったく食べてくれないわが子に、ものすごく悩んだ時期がありますが、今思えば、そんなに悩むことではなかったとわかります。

あと数カ月後、長くても1年後には、あなたのお子さんも何かを口にしているでしょうし、もともと食が細い子は、親がたくさん食べなさいと言っても、食べることが出来ない体なのです。

無理に食べさせることは、子供にとって苦痛でしかありません。

くれぐれも、便秘を解消するために、無理やり離乳食を食べさせたり、食べないことを叱らないでほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳っ子の便秘

  関連記事

赤ちゃんの便秘!母乳のママはヨーグルトを食べるべき?

赤ちゃんのうんちが何日も出ないと、心配になりますよね? 特に、母乳育児をしている …

赤ちゃんが母乳を飲まないのは便秘のせい?

母乳育児をスタートしてから、今日まで順調に来ていたはずなのに、「今朝から突然、赤 …

母乳育児の赤ちゃんの便秘!?改善する離乳食とは?

母乳育児の赤ちゃんは、便秘になりにくいと言われています。 しかし、赤ちゃんの成長 …

赤ちゃんの便秘!一週間出ないときは病院へ行くべき?

赤ちゃんは、生まれてから、一日に数回うんちをします。 うんちの回数が多い赤ちゃん …

赤ちゃんのおならが臭いのは便秘が原因?

「赤ちゃんのおならが臭くなった!」「最近、おならばかりしている!」と、赤ちゃんの …

赤ちゃんの便秘!離乳食にさつまいもは効く?

赤ちゃんは、一日に何回もうんちをします。 新生児のうちは、授乳のたびにうんちをす …

1~3カ月の赤ちゃんの便秘!母乳との関係は?

「母乳を飲んでる赤ちゃんの便は柔らかい」「母乳を飲んでる赤ちゃんは便秘しない」と …

赤ちゃんの痔はどうすれば治る?痔の対処法は?

「赤ちゃんのうんちが出にくくなった」「うんちが固くなった」と感じていませんか? …

赤ちゃんが便秘したら離乳食はやめるべき?

産まれたばかりの赤ちゃんは便秘知らずですが、月齢が上がるとともに、便秘になる赤ち …