母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

授乳中のお酒!アルコールは赤ちゃんの脳へ影響する?

      2016/08/23

お酒が大好きな皆さん!

妊娠中は、お酒を我慢していましたよね?

「出産したら、お酒を飲むぞー!」と楽しみにしていた方もいらっしゃるでしょう。

そして実際に、赤ちゃんへ授乳しながらお酒を飲んでいる、いうママもいらっしゃるようです。

 

しかし、出産してすぐに始まった「母乳」育児に、お酒の影響はないのでしょうか?

「母乳とお酒の関係」を知らずにいると、後で後悔することになるかもしれません。

 

今回は「お酒が与える母乳への影響」と「飲酒したママの母乳を飲んだら赤ちゃんはどうなるのか」また「ノンアルコールビールのリスク」についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

授乳中のお酒で赤ちゃんが下痢?脳にも悪影響?

産後、育児でストレスが溜まりがち・・・「たまにはお酒を飲みたい!」というママは多くいらっしゃるようです。

特に、お酒好きな方は「パパだけ飲んでずるい」というストレスもあるようです。

 

授乳中でもお酒を楽しみたいと感じているママが一番気になることと言えば、「アルコールは母乳に出るのだろうか?」「赤ちゃんへ影響はあるのだろうか?」ということだと思います。

 この点について調べてみました。

 

1、「アルコールは母乳に出るのだろうか?」

答えは「YES」です。

ママがお酒を飲むと、その直後から母乳の中にアルコールが検出されます。

飲酒後、母乳に出るアルコール濃度は、母体の血液中のアルコール濃度とほぼ同じなので、アルコールが薄まることなく、母乳に出てきます。

人によりますが、飲酒後30~90分ほどで母乳の中のアルコールの濃度がピークとなります。

つまり、飲酒後30分~2時間くらいの母乳は、アルコール入り母乳だということになります。

 

2、「赤ちゃんへの影響は?」

アルコール入り母乳は、赤ちゃんへ影響を与えてしまいます。

内臓が未熟な赤ちゃんは、アルコールを十分に分解することができません。

そのため、たとえ少量であったとしても「急性アルコール中毒」を起こす可能性があるのです。

急性アルコール中毒になった場合、赤ちゃんがぐったりしたり、けいれんを起こすこともあり、赤ちゃんの命にも関わる危険があります。

 

アルコールの害は、急性アルコール中毒だけではありません。

アルコールが赤ちゃんの体内に入ると、胃腸にもダメージを与えるため、消化機能が低下してしまいます。

そのため、赤ちゃんが下痢することがあります。

実際に「お酒を飲んで授乳したら、翌朝赤ちゃんがひどい下痢を起こした」というママはいらっしゃるそうです。

 

また、アルコールは、赤ちゃんの脳にも作用します。

通常、脳というのは、脳の栄養源であるブドウ糖しか取り込まないのですが、その例外として、アルコール、ニコチン、カフェインがあります。

脳がアルコールの影響を受けた場合、脳が委縮するため、落ち着きがなくなったり将来的に学習障害を起こす危険があります

さらに、低身長・低体重、急激な体重増加などの発達障害を起こすリスクも高まります。

 

未成年者のアルコールが禁止されているのと同様に、アルコール入り母乳を赤ちゃんへ与えてはいけません。 

どうしてもお酒を飲みたい、もしくはお酒を飲んでしまった、という場合は、授乳後、体内からアルコールが抜けるまで(飲酒後1~2日くらい)時間をおいてから授乳してください。

その間は、しっかりと搾乳をし、母乳量が低下しないように気を付けましょう。

もちろん搾乳した母乳は処分してくださいね。

 

(「お酒を一口飲んだら次の授乳まで何時間あけるべき?飲酒の適量は?」に関連記事を書いています。)

 

お酒で母乳の出が悪くなる?母体にも悪影響?

授乳中のお酒が赤ちゃんへよくないのはご説明した通りですが、アルコールは「安定した母乳育児」を行うためにも控えた方がよさそうです。

なぜならアルコールは、母乳の分泌量や質にも影響を与えてしまうだけでなく、母体の健康にも悪影響を与えると考えられるからです。

 

<母乳の分泌が悪くなる>

アルコールは、母乳の分泌を促すホルモンの分泌を抑制してしまいます。

そのため、母乳量が減ってしまう可能性があります。

飲酒しているママで「母乳の出が悪い」と悩んでいる方は、それはアルコールのせいかもしれません。

 

<母乳の質が低下する>

ママがアルコールを摂取すると、母乳の中にアルコールが移行するのはご説明した通りです。

ママが食べたもので母乳の味は変化することから、アルコールは母乳の味に影響を与える可能性があります。

アルコールが含まれた母乳の味は、酸味があると言われ、赤ちゃんが好む「ほんのり甘い味」とは程遠くなってしまいます。

さらに、アルコールの匂いもするそうです。

いつもと違う味の母乳は、赤ちゃんが嫌がって飲まなくなる原因になりますし、実際に「飲酒後の母乳は、赤ちゃんが嫌がる」「飲酒に授乳すると、赤ちゃんの飲みが悪い」と実感されている方も多くいらっしゃいます。

赤ちゃんが母乳を飲まなくなったり、吸いつきが悪くなることは、母乳の分泌を低下させる原因にもなります。

 

<母体のカルシウム不足>

授乳中のママは、赤ちゃんへたくさんの栄養が取られますが、特にカルシムは不足しやすいため、ママの骨が弱くなる原因となります。

母子ともに大切なカルシウムですが、アルコールを摂取するとカルシウムの消費が多くなってしまい、カルシウム不足になってしまうのです。

 

<母体への負担>

アルコールは、肝臓で分解され「アセトアルデヒド」という物質になりますが、アセトアルデヒドには強い毒性があります。

飲酒後、頭痛や吐き気がしたり、二日酔いで苦しむのは、このアセトアルデヒドのせいなのですが、アセトアルデヒドは発がん性を高める物質でもあるのです。

体力が十分にあり、健康な状態で適量のお酒を楽しむのはいいと思いますが、産後、出産のダメージから体力が回復していない時期は、アルコールが体にとって負担となることが考えられます。

ストレス発散のための飲酒が、産後の弱った体には、大きなストレスとなる可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

ノンアルコールなら授乳できるの?

お酒は、母乳を介して赤ちゃんへ悪影響を与えるだけでなく、産後の母体にも負担となります。

しかし、適量の飲酒は大人の楽しみでもありますし、リラックスできる時間でもあります。

アルコールを控えなければならない授乳期のママにとって役立つアイテムが「ノンアルコール飲料」ではないでしょうか?

 

最近では、ノンアルコールビール、ノンアルコールワイン、ノンアルコールカクテルなど、さまざまな種類が売られており、お酒を飲まなくてもお酒の雰囲気を楽しむことができるようになりました。

安心してお酒の気分を味わうために、ノンアルコール飲料は役立つと思います。

 

しかし、ノンアルコール飲料にも注意点があります。

 

アルコールの濃度が「1%以上をお酒」「1%未満をノンアルコール飲料」と区別しています。

この1%というのは、四捨五入して1%という数字です。

そのため、0.4%までのアルコールであれば「ノンアルコール飲料」と区別されるのです。

たとえ「アルコール0.00%」の表示であっても、「最大で0.004%」のアルコールが入っている可能性があるということです。

ノンアルコールだからとたくさん飲んでしまった場合、アルコールの影響が出てしまう可能性はゼロではありませんので注意しましょう。

 

また、ノンアルコール飲料には、砂糖や香料などの添加物や不純物がたくさん含まれています。

これらの添加物や不純物が母乳を介して赤ちゃんへ移行した場合、赤ちゃんに湿疹などの症状が出ることもあります。

ノンアルコール飲料とは言え、授乳中は飲み過ぎに注意してくださいね。

まとめ

妊娠前、私はお酒を飲むことが好きでしたが、産後は育児に追われ、ゆっくりお酒を飲む時間がなくなってしまいました。

もし、時間的余裕があったとしても、わが子のことが気になって、お酒を飲む気にもならなかったですし、たとえ飲んだとしても美味しく感じられなかったと思います。

そのため、授乳期間中は一滴もお酒を飲みせんでした。

 

お酒を飲むとリラックスして寝つきがよくなるのですが、実はお酒には覚醒作用があるため、夜中に何度も目が覚めたり、一旦目が覚めると眠れなくなることがあるそうです。

子育てに睡眠不足は大敵ですから、お酒によって睡眠が妨害されてしまうのは困りますね。

 

また、酔ってるとフラついたり判断力が鈍るので、赤ちゃんを抱っこしたり、お風呂に入れるのは危険です。

万が一赤ちゃんが具合が悪くなったときに、飲酒のせいで運転できなくなるのも困りますよね。

そう考えると、お世話に手がかかる赤ちゃん時代は、飲酒はできるだけ控えた方が安心ですし、お酒を飲む環境やタイミングなども考えたほうがいいと思います。

 

アルコール入り母乳が、赤ちゃんにとってよくないのはご説明した通りですが、お酒を飲むために母乳育児をきっぱりやめてしまうのは、非常にもったいないことだと思います。

母乳には赤ちゃんにとって必要な栄養がたっぷり含まれていますし、赤ちゃんにとって母乳を飲む時間は至福の時間です。

お酒を飲みたい方は、「飲酒後の授乳を避ける」「お酒を飲んでいないときは、しっかり授乳を行う」ようにし、お酒と上手に付き合って行って欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 - 母乳育児中のたばことお酒

  関連記事

お酒を一口飲んだら次の授乳まで何時間あけるべき?飲酒の適量は?

産後、お酒を解禁した方はいらっしゃいますか? 妊娠中に禁酒していたお酒好きなみな …

赤ちゃんへのタバコの影響は「煙」の方が有害って本当?

タバコの「煙」には2種類あります。 タバコを吸いながら直接吸い込む煙を「主流煙」 …

たばこは母乳に影響ないの?ミルクなら安全?

妊娠前までたばこを吸っていたみなさんの中には、妊娠をきかっけに禁煙された方がほと …

産後にたばこを吸ってるママはどれくらい?吸いたいときの対処法は?

ここ数年の間に、女性の喫煙者が増えているのは、みなさんもご存じだと思います。 あ …

赤ちゃんがタバコを食べたかも?!舐めただけなら大丈夫?

赤ちゃんというのは、大人のすることをよく見ています。 そして赤ちゃんは、大人のマ …

料理やお菓子のアルコールは授乳中でもOK? 

出産後、お酒を楽しみにしていた方がいらっしゃると思いますが、アルコールは母乳に出 …

授乳中にたばこを吸ってしまった!授乳間隔は?何本までいい?

「出産後、たばこを吸い始めた」というママは意外と多くいらっしゃるようです。 &n …

赤ちゃんはタバコの臭いが嫌いって本当?

「タバコを吸った後、赤ちゃんを抱っこしようとしたら嫌がられた」「タバコを吸ったパ …