母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

産後の肌荒れ!あごにきびの原因と対処法は?

      2017/05/04

産後から、「にきびがたくさんできるようになった(泣)」ということはありませんか?

産後は、女性ホルモンの乱れによって、にきびができやすくなりますが、にきびができると赤くなったり、痛くなったりと、とても気になりますよね?

気になるからと言って、ついにきびを触ってしまうと、にきびが悪化したり、血が出てしまったり、にきび痕が残ってしまったり・・・、にきびの扱いはとても難しいと思います。

 

産後のにきびは、顔や体など、どこにでも出来てしまうものですが、「あご」や「口元」に集中してできることもあります。

なぜ、あごや口元ににきびができるのでしょうか?

 

今回は、産後のあごにきびに注目し、「あごにきびの原因と対処法」について、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

産後のあごにきびの原因は?

産後は、肌の状態が不安定になっています。

そのため、肌の乾燥、湿疹、かゆみなどの肌荒れに悩まされることがあります。

産後の肌荒れの中でも、にきびの悩みは深く、顔中にできるにきびのために、顔も気持ちも下を向いてしまう方もいらっしゃるでしょう。

 

にきびと言っても、「あごにきび」が出来る場合は、何か特別な原因があるそうです。

あごにきびができるサインは、こちらです。

 

<ホルモンバランスの乱れ>

あごにきびの主な原因は、ホルモンバランスの乱れだと言われています。

産後は、女性ホルモンのバランスが大きく変化しますので、様々な体調の変化や、気分の変調を引き起こしますが、あごにきびも女性ホルモンの影響を受けていると考えられます。

 

<産後の生活>

出産による母体のダメージを引きずったまま、産後は赤ちゃんとの生活が始まります。

夜間の授乳や夜泣きなどで、ママは睡眠不足になりますし、赤ちゃん最優先の生活のために、食生活もおろそかになります。

リラックスする余裕もなく、ストレスも溜まっていくことでしょう。

赤ちゃんとの生活による疲労やストレスによって、ホルモンバランスがさらに乱れてしまい、あごにきびが悪化してしまいます。

 

<胃腸の働きが低下>

あごにきびの原因は、胃腸の働きが低下しているサインだともいわれています。

特に、腸の働きが弱くなり便秘になっていると、腸に溜まった老廃物を排出するために、下痢やにきびの症状が現れます。

産後は、便秘になりやすい時期なので、産後の便秘によって、あごにきびができてしまうこともあります。

(「母乳育児の母親の便秘解消法は?」「産後に便秘と下痢を繰り返すのはなぜ?」に関連記事を書いています。)

 

<栄養不足>

産後は、赤ちゃんのお世話で忙しく、ママ自身の食生活が乱れがちです。

料理をする時間もなければ、ゆっくり食事をする時間もありません。

「そんな時間があるなら寝ていたい!」と思うほど、体は疲れ切っているはずです。

産後は食生活が乱れることから、栄養が偏ってしまうことがあります。

特に、赤ちゃんへ母乳を与えているママの場合、授乳によって栄養が奪われますので、肌まで十分な栄養が行き届かなくなり、にきびがなかなか治らない、という事態を招いてしまいます。

また、産後の授乳や悪露、生理が戻っている方の場合は、鉄分が不足し、貧血になっている可能性があります。

あごにきびに加えて、冷え性や疲労感、肩こりなどがあまりにもひどい場合は、貧血かもしれません。

貧血は、ホルモンバランスを乱す原因となります。

つまり、貧血が原因で、あごにきびができてしまうことが考えられます。

 

<甘いものの食べ過ぎ>

産後は、しっかり食事をする時間が取りにくいことから、簡単に食べられるお菓子でお腹を満たしてしまうことがありませんか?

母乳育児を行っている方は、授乳でお腹がすくあまり、お菓子を食べ過ぎてしまうことがあります。

妊娠中の体重管理から解放された反動や、育児ストレスから、「お菓子に走る」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、「白砂糖」はあごにきびの原因となります。

白砂糖を食べると、体内のビタミンやミネラルを大量に消費してしまいますので、ビタミン・ミネラル不足によって、あごにきびができてしまったり、あごにきびがなかなか治らない、という事態を招くことになります。

チョコレートを食べたり、コーラなどの炭酸飲料を飲むと、あっとう間ににきびが出来てしまうというのはよくあることですが、これは白砂糖が原因なのです。

 

<汚れ>

産後は、フェイスケアをする時間も取れないほど忙しいですよね?

「朝起きてから、洗顔もできずに一日を過ごしてしまった!」という方もいらっしゃるでしょう。

肌の汚れはにきびの原因になりますが、おでこや鼻のまわりはしっかり洗っていても、あごや口元までしっかり洗えていなかったり、十分にすすぎができていない方が多いようです。

あごや口元は、食べ物や歯磨き粉が付いたりして、意外と汚れやすい部分です。

あごや口元が汚れていると、あごにきびの原因となります。

 

<乾燥>

あごや口の周りは、乾燥しやす場所です。

さらに、口元は、おしぼりやティッシュで何度もふき取るために、乾燥しやすくなっています。

洗浄力の強すぎる洗顔フォームを使用していると、必要な皮脂まで取り除いてしまい、乾燥がひどくなってしまいます。

肌が乾燥すると、肌が固くなり、少しの皮脂や汚れでも毛穴が詰まりやすくなってしまうため、あごにきびができてしまいます。

産後のホルモンバランスや赤ちゃんとの生活が落ち着き、食生活や睡眠不足が改善されてもあごにきびを繰り返すようであれば、「肌の乾燥」が原因かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

産後のあごにきびを改善するには?

産後のあごにきびの原因は、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、生活リズムの乱れ、そして乾燥肌だと言われています。

ホルモンバランスを元に戻すには、時間が解決してくれるのを待つしかありませんが、食生活や肌のお手入れは、ママ自身の努力でどうにかできるものです。

産後の忙しいママでもできそうな、あごにきび改善法についてご紹介します。

 

・食生活を見直そう

胃腸に負担がかからないよう、暴飲暴食をしないように気を付けましょう。

唐辛子などの刺激物やコーヒーなども胃腸へ負担となります。

白砂糖がたくさん使われているスイーツ、清涼飲料水などは、控えめにし、砂糖を使うなら、ミネラルが豊富な黒砂糖、はちみつ、メープルシロップなど使うようにしましょう。

産後は栄養が偏りがちなので、肌の保湿に効果的なコラーゲンとアミノ酸やビタミンなどの栄養素が含まれたサプリメントの力に頼るのもアリだと思います。

また、鉄分が不足すると、乾燥やくすみの原因となります。

出来てしまったにきび跡をうすくするためにも、鉄分を意識して取りましょう。

 

・保湿にこだわろう

あごや口元を清潔に保つのはもちろんですが、洗いっぱなしはよくありません。

洗顔のあとは、必ず保湿をしましょう。

肌の内部から潤えば、肌が柔らかくなってきますので、毛穴の詰まりも取れやすくなります。

肌の内部を保湿してくれるオールインワンなら、忙しいママの時短アイテムとして役立ちますよ。

出来てしまったにきびを改善したい方は、保湿も出来るオールインワンにきびジェルもお勧めです。

首やデコルテに保湿クリームを塗る際、あご周りや鎖骨周辺をマッサージすると、顔周りのリンパの流れが良くなり、毒素が排出され、にきび予防になるそうです。

まとめ

私も産後はあごにきびに悩んだ時期がありました。

あごは、髪の毛が触れやすかったり、つい手で触ってしまったりと、なかなか治らなかった覚えがあります。

ひっかいてしまって血が出たり、かさぶたをひっかいてまた出血したり・・・と何度もあごにきびを繰り返していました。

傷になると、にきび跡が残ってしまったり、赤みを帯びてシミになったりと、いいことはありません。

気になっても、できるだけ触らないようにしてくださいね。

 

産後のホルモンバランスや睡眠不足は、その時期を乗り越えるまではどうしようもありません。

野菜や果物など、ビタミンやミネラルをたっぷり含む食品を食べて、とにかく肌の保湿を心掛けて下さい!

にきびを完全に治すのは根気がいることですが、肌が潤い、肌が柔らかくなってくるだけでも、にきびが改善されてくると思います!

 

スポンサーリンク

 

 - 産後の肌荒れ・にきび

  関連記事

産後にきび!授乳中に漢方薬を飲んでいいの?

産後しばらくしてから、急ににきびができ始めることがあります。   突然 …

産後のにきびが治らない!授乳中でも飲めるサプリは?

産後は、肌が極度に乾燥してガサガサになってしまったり、原因不明のかゆみや湿疹が生 …

産後にきびは皮膚科で治療?授乳中に塗り薬は使える?

「産後のにきび」にお困りですか? 妊娠中は、にきび知らずの美しい肌をキープしてい …

産後のしわしわお腹!皮まで剥けるのはなぜ!?

出産後の伸びきったお腹を見て、驚き、ショックを受けた方は、数知れず… 私も、その …

授乳中の肌荒れ(カサカサ・にきび)は化粧水で治せる?

産後、化粧水をつけると肌がひりひりしたり、頬がザラついたり、顔中ににきびが出来て …

産後に化粧「しない?」「する?」産後の化粧のメリットは?

「出産後しばらくは、化粧をしない」という女性は多いものです。 産後は赤ちゃんのお …

産後のにきびはおでこだけではない!鼻の下や体にも?

産後から、にきびが出来始めたということはありませんか? しかも、にきびのできやす …

授乳中のにきびは生理再開のサイン?

産後、しばらく経つと、顔だけではなく全身ににきびができ始めることがあります。 & …

産後の肌荒れの原因と乾燥肌の対処法は?

出産は、母体に大きな変化を及ぼします。   体の変化の一つに、「産後か …

産後の肌荒れはいつまで?授乳中でも皮膚科に行くべき?

産後に肌が荒れるようになってしまった方が、数多くいらっしゃいます。 「産後の肌荒 …