母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

母乳が出ないと赤ちゃんは泣く?母乳不足のサインは?

      2016/10/19

母乳をあげたばかりなのに、赤ちゃんがすぐに泣くことはありませんか?

授乳後すぐに赤ちゃんに泣かれてしまうと「母乳が足りないのではないか?」と不安になりますよね?

「赤ちゃんが母乳をどれだけ飲んだか?」を測ることができないのは、母乳育児の困ったところでもあります。

 

しかし当然ですが、赤ちゃんが泣くのはおなかが空いているときだけではありませんよね?

 

今回は「授乳後に赤ちゃんが泣く理由」や「母乳が足りているかどうかを知る目安」についてご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんが泣くのは母乳が足りないから?

授乳後、すぐに赤ちゃんが泣きだすと「母乳が足りていないのかしら」と気になりますよね?

 

赤ちゃんが泣くのは「本当におなかが空いているから」だと考えられます。

 

特に、産後しばらくは母乳の分泌量が少ないことがありますので、母乳が足りないせいで赤ちゃんが泣いてしまうのはよくあることです。

 

しかし、ここでミルクを足してしまうと、母乳がますます作られなくなってしまいますし、哺乳瓶に慣れた赤ちゃんは母乳を嫌がるようになることもあります。

また、赤ちゃんにたくさん吸わせることで、母乳の量が徐々に増えていきますので、出なくてもいいので母乳を吸わせるようにしましょう。

成長とともに赤ちゃんは母乳の飲み方が上手になってきますし、吸う力も強くなってきます。

母乳育児が軌道に乗るまでは、母子ともにつらい時期かもしれませんが、自信をもって「出ない乳首」を吸わせてあげてほしいと思います。

 

(「母乳育児が軌道に乗るには?」に関連記事を書いています。)

 

赤ちゃんが泣くのは母乳不足だけではない!

授乳後すぐに赤ちゃんが泣くのは、「お腹がまだ空いているから」だけではありません!

では、他にどんな理由が考えられるのでしょうか?

 

<母乳が詰まって出てこない>

母乳の分泌量は足りていても、乳腺が詰まっていると母乳が出てきません。

しこりが出来始めたり、乳腺炎の前兆を赤ちゃんが教えてくれているのかもしれません。

 

<母乳の出過ぎ>

母乳が出過ぎて、苦しいのかもしれません。

乳房が張っているときは、少し搾乳をしてから上げて下さい。

 

<授乳の姿勢が悪い>

赤ちゃんにも、好みの抱かれ方や授乳の角度があるようです。

授乳中の赤ちゃんが泣くのは、姿勢が落ち着かないのかもしれません。

わが子の場合は、なぜか縦抱きにすると泣き止みました。

 

(「母乳が出ないのは抱き方のせい?授乳中の抱き方説明します!」に関連記事を書いています。)

 

<眠たい>

眠たいのに眠れない、という寝ぐずりで泣いている可能性もあります。

抱っこしたり、静かな場所へ移動させてみましょう。

 

<暑い>

赤ちゃんは全身のエネルギーを使って母乳を飲みます。

そのため、授乳していると赤ちゃんの体は熱くなってきます。

また、眠たくなると体温が上がりますので、眠たい上に暑くて泣いているのかもしれません。

服を脱がせたり、汗を拭いてあげてみて下さい。

 

<おむつが汚れている>

おしっこやうんちをしたとき、またはうんちが出そうなときも泣いて教えてくれます。

授乳後のおむつチェックは忘れないでくださいね。

 

<甘えたい>

単に「ママに甘えたい」「スキンシップを取りたい」「乳首を口に含んでいたい」ということもよくあります。

乳首をくわえて泣き止むのであれば、赤ちゃんが満足するまで含ませてあげたらいいと思います。

 

これ以外でも、体調が悪い、遊びたい、不安だ、などの理由で泣くこともあるでしょう。

赤ちゃんが泣くと、ママはどうしても「母乳が足りない=私のせい」と感じてしまいがちですが、赤ちゃんが泣くのはいろいろな理由があるのです。

赤ちゃんが泣くことは悪いことではありませんので、どんと構えていましょう。

 

スポンサーリンク

 

こんな時は要注意!母乳が足りないサインは?

授乳中や授乳後に赤ちゃんが泣いたからと言って、母乳不足だと判断するのはよくありません。

本当に母乳が足りないかどうかは、客観的に判断する必要があります。

母乳が足りないかどうかの目安はこちらです。

 

<赤ちゃんの体重>

母乳の量が足りていれば、赤ちゃんの体重は増えていくはずです。

生後6か月までの赤ちゃんの体重増加の目安は、一日20~30グラムです。

一か月検診の際、出生時の体重から700グラム~1キログラム増えていれば、母乳が足りていることになります。(WHOでは一か月後に500グラム増えていればいいとされています。)

一般的に「生後3か月で出生時の体重の2倍」「生後12か月で出生時の体重の3倍」になると言われています。

しかし、上記の数値はあくまでも目安です。

動きが活発な赤ちゃんや、授乳後すぐうんちが出る赤ちゃんなど、体重の増え方が少ない赤ちゃんもいますが、成長曲線のカーブに沿って、右肩上がりに体重が増え続けていれば、母乳不足ではないと言えるでしょう。

 

一方「赤ちゃんの体重が増えていかない」もしくは「体重が減っていく」ようであれば、母乳が足りない可能性があります。

 

<おしっこやうんちの回数>

母乳の量が足りている場合、おしっこは一日に7回以上、うんちは1回以上出るはずです。

おしっこの回数が6回以下だったり、2~3日便秘が続くようなら、母乳(水分)が足りていない可能性があります。

一日に交換するおむつの数をチェックしてみて下さい。

 

(「母乳育児の赤ちゃんのうんちの色と回数は?」に関連記事を書いています。)

 

<赤ちゃんの様子>

よく泣く赤ちゃんであっても、肌つやがよく泣き声も大きければ問題ないでしょう。

もし、赤ちゃんの目が落ちくぼんでいたり、泣き声が弱々しかったり、一日中泣いている日が続くようであれば、脱水症状や体調不良の可能性があります。

 

(「赤ちゃんに母乳が足りているのかを知るには?」に関連記事を書いています。)

 

母乳が足りないならミルクを足すべき?

母乳不足かどうかを知る手掛かりは「赤ちゃんの体重の増え方」と「おしっこ・うんちの回数」です。

これらを踏まえたうえで、本当に母乳不足だとわかった場合はミルクを足すようにしましょう。

 

特に、赤ちゃんの月齢が低いうちは、赤ちゃんの吸う力が弱かったり、ママの乳腺が開通しきれていなかったりしますので、しっかり飲めていない子もいます。

母乳の分泌が増えるまで、補助的にミルクを使用してもいいでしょう。

 

注意しなければならないのは「母乳が出ているにも関わらず、母乳不足と思い込んでミルクを足してしまうこと」です。

特に、月齢の小さい赤ちゃんは満腹中枢が未発達なため、与えれば与えるほど飲んでしまいますので、授乳後にミルクを足したときに赤ちゃんがあっという間に飲み干してしまったからといって「やっぱり母乳が足りていなかったんだ」と思い込まないでくださいね。

ミルクの量が増えて母乳の回数が減っていくほど、せっかく出ていた母乳も出なくなって行ってしまいますよ。

 

(「母乳だけでは足りない?上手なミルク追加の方法は?」に関連記事を書いています。)

 

母乳の量を増やすには?

何度も繰り返しますが、授乳中や授乳後に赤ちゃんが泣いたからといって、母乳不足だと即決しないでください!

もし本当に母乳の出が悪いと感じたら、これまで以上に母乳を上げてみて下さい。

 

そして、母乳が出やすい体作りを始めていきましょう。

 

例えば、

 

・ご飯を中心とした食事でしっかり栄養とエネルギーを補給する

母乳の分泌を増やす「たんぽぽコーヒー」やハーブティなどで水分をしっかり取る

・できるだけ体を休め、疲れを溜めないようにする

・体の凝りや冷えを予防する

母乳の量と質を高める成分を含んだ「母乳サプリ」を取る

 

など、日常生活の中で母乳のためにできることはたくさんあります。

たとえ赤ちゃんが泣いていても、母乳が足りていれば「母乳不足に対する罪悪感」のようなものがなくなりますので、泣いている赤ちゃんに対して余裕を持った対応ができると思います!

まとめ

私も母乳の出が悪かったので、授乳に1時間以上かかったり、授乳後すぐに泣かれたりしました。

うちの子は、母乳を飲みながら寝てしまうのですが、口から乳首を離すと泣いてしまうのです。

そんなときは「まだ飲み足りないんだ(泣)」と悲しくなったこともありますが、今思えば、それは単におしゃぶり代わりとして口に含んでいたかっただけであり、母乳が足りなかったわけではなかったのです。

 

育児になれないうちは、赤ちゃんが泣くと「早く泣き止ませなきゃ」と焦りますよね?

なかなか泣き止まないと、自分が責められている気分になりませんか?

私は、我が子を泣き止ませられない自分を情けなく感じてしまい、一緒に泣きたくなったことが何度もありました。

 

赤ちゃんが泣く理由はさまざまです。

そして「授乳後すぐに泣く=母乳が足りない」ということではありません。

母乳不足かどうかは、赤ちゃんの体重とおしっこの回数を見て「冷静に」判断してくださいね!

 

スポンサーリンク

 - 母乳を増やす方法

  関連記事

母乳量を増やす食べ物とは?

母乳不足に悩んでいる方は「何を食べたら母乳量が増えるのだろうか」と気になりますよ …

よく寝る赤ちゃんは母乳が足りない?起こして授乳すべき?

赤ちゃんといえば・・・ 「おっぱい飲んでねんねして」の繰り返しだと思っていません …

母乳が出ないのはストレスのせい?やってはいけないストレス発散法は?

赤ちゃんとの生活は、喜びに溢れているのは確かだと思いますが・・・。   …

母乳が出ない人もいる?母乳を増やす薬があるって本当?

母乳が出ないと悩んでいるみなさん! 妊娠中や産後直後のママの90%以上は、母乳育 …

頻回授乳でも母乳が出なくて辛い!頻回授乳はいつまで続ける?

「頻回授乳」という言葉を聞いたことがありますか? おそらく、初産の方や母乳育児に …

産後の初乳が出ない!?

出産後、最初に出てくる母乳を「初乳」と言います。 赤ちゃんを出産したら、誰でもす …

母乳だけでは足りない?上手なミルク追加の方法は?

出産後、母乳育児を開始してしばらくの間は、母乳の分泌が少ないのはよくあることです …

母乳を増やす水分は?

「母乳不足」だと感じていませんか?   母乳はママが「口にしたもの」か …

母乳が出ないのは抱き方のせい?授乳中の抱き方説明します!

母乳が出ない原因はさまざまですが、その中の一つに「赤ちゃんの抱き方」に問題がある …

母乳育児が軌道に乗るには?

「母乳の出が悪いかも?」「赤ちゃんに母乳が足りていないのではないか?」「授乳間隔 …