母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。赤ちゃんのこと、夫婦のこと、子供の教育についても共有します。

*

子供と海外旅行!教育へのメリットは?

      2019/11/20

現代のグローバル化の動きに合わせて、世界に通用できる子供に育てたいと考える親御さんは多いものです。

その証拠に、幼いうちからお子様を英語教室へ通わせているご家庭は多いですよね?

そんな中、子供を海外旅行に連れて行く家庭も増えて来ているようです。

現在私は海外に住んでいますが、日本の夏休みや年末年始の時期になるとたくさんの日本人観光客が訪れます。

その中には子供連れも多く、「こんなに小さいときから海外旅行ができるなんて羨ましいなあ」と思うほど。

こういった子供達は、日本とは違った場所で様々な刺激を受け、短い旅行期間の間にグンと成長するのでしょうね。

 

今回は「子供を海外旅行に連れて行くメリット」「教育目的で子供を海外に連れて行くのに適した年齢」について考えてみました。

 

スポンサーリンク

教育のために子供を海外旅行へ!賛成or反対?

まず、教育のために子供を海外旅行に連れて行くことについては、賛否両論あるかと思います。

私はどちらかというと「子供を海外に連れて行く前に、まずは日本を知った方がいい」と考えていましたから、小さい子を海外旅行へ連れて行くのは反対でした。

日本にも自然や歴史的建造物など、学ぶに値する場所はたくさんあると思うからです。

 

しかし、海外旅行には海外ならではの良さがあることも事実です。

例えば、日本では見られないダイナミックな自然環境に触れたり、世界レベルの芸術に触れることができるのは海外ならでは。

また、風景や町並み、人々の生活の違いを知ることで、子供の感受性を磨くこともできるでしょう。

地球を知るという点で言うと、やはり海外旅行に勝るものはありませんね。

 

一方で、言語を学ぶために海外旅行に行くと考えると、短い旅行期間では難しいと言えます。

日本人の子供が日本語を習得するまでに膨大な時間がかかるのと同様に、外国語を身につけるためには膨大な時間がかかります。

もちろん、言語の習得速度には個人差があり、既にある程度の語学力が身に付けているのであれば話は別ですが、それでも一週間や二週間程度の短い期間で言語を習得することは難しいでしょう。

ですから、子供を教育のために海外旅行に行こうと考えるのであれば、言語の習得とは別の目的で連れて行く方がよいと思っています。

海外旅行の教育メリットは?

 

ここからは、子供を海外旅行へ連れて行く教育的なメリットについて見て行きます。

EQが高くなる

子供が海外旅行に行く最も大きなメリットはEQが高くなるということです。

EQとは「こころの知能指数」と言われているものです。

海外に出ると日本ではできない経験ができますから、そこから大きな刺激や感動を得ることにより感受性を豊かにすることができるでしょう。

IQが高いことも大切ですが、それよりもEQが高い子供の方が将来良い人生を歩んでいけると今の時代では言われています。

積極性が身に付く

見た目も言葉も異なる人と接することで、異文化に対して耐性がつき積極性を身につけることができそうです。

日本を知ることができる

日本では体験できないことを体験し比較検討することで、日本という国について改めて知ることができます。

外国語に抵抗がなくなる

外国語の習得という点では旅行だけでは難しいとお伝えしましたが、外国語を聴き取る力は小学生の間に作られて行くそうですから、この時期にネイティブの発音を聞くことは大きなメリットになります。

また、外国語に対する苦手意識が付きにくく、「外国語を話せるようになりたい」と思うきっかけにもなるでしょう。

 

このように、海外旅行では日本にいては経験できないことやわからないことを体験することができ、その体験によって「人間的な魅力が上がる」ということが大きなメリットだと言えますね。

 

スポンサーリンク

子供を海外旅行に連れて行くには何歳から?

子供を海外旅行へ連れて行くと様々なメリットがあるとお話しましたが、これは子供の年齢によってメリットがない場合もあります。

では、教育目的である場合、何歳から子供を海外旅行に連れて行くと良いのでしょうか。

 

子供を海外旅行に連れて行く効果的な年齢については様々な意見があると思いますが、一般的には小学生の低学年を過ぎてからが最も有効だと言われています。

その理由は、小学校の低学年以降の記憶であれば、大人になっても覚えている可能性が高いからです。

そしてもう一つ、ある程度日本語を習得している年齢だからです。

日本語を母語とする私たちは、日本語で思考します。

つまり、しっかり日本語を習得していない状態で海外旅行に連れて行っても、「今自分が経験していることについて考える」ということが難しいのです。

思考が伴わない経験からは、残るものや得るものが少なくなってしまいますから、子供を海外旅行に連れて行くのであれば、子供が自分の意志をしっかり伝えることができ、こちらの問いかけにしっかり考えて答えられる年齢に達してからがよいでしょう。

まとめ

現在は航空券が安く手に入る時代ですから、昔と比べて海外旅行をするハードルがとても低くなりましたよね。

同じアジア圏であれば、国内旅行と同じような感覚で旅することができます。

みなさんも、何かきっかけがあればぜひお子さんと一緒に海外まで足を延ばしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

 - 教育全般・脳トレ・お手伝い

  関連記事

共働き家庭の子の学力は低下する?

現在の日本では、共働き家庭が増えています。 共働き家庭の割合は7割に上るとも言わ …

フリースクールで義務教育が修了できる?問題点は?

現在、日本における不登校の生徒の数は約70万人に上ると言われています。 そして不 …

兄弟で学力に違いがあるのはなぜ?

私には2つ違いの姉がいますが、姉は幼い頃から頭脳明晰、成績はいつもトップで高校も …

シュタイナー教育にはどんな問題点があるの?

シュタイナー教育という言葉をご存知でしょうか? 人気俳優が受けていた教育というこ …

子供のお手伝いは面倒?イライラしない方法は?

子供にとってお手伝いは学びの場。 人の役に立つことの嬉しさや満足感を感じたり、生 …

掃除で脳トレ?どんな掃除が効果的?

脳を活性化させるためにはさまざまな方法があるようですが、その中の一つに「掃除」が …

朝食と学力は関係ないって本当?

みなさん、子供に朝ごはんを食べさせていますか? 最近の日本では「朝ごはんを食べな …

子供の手伝いは当たり前?手伝いしたら小遣いあげる?

皆さん、お子様にお手伝いをさせていますか? 小さいうちはママの真似事が大好きです …

ぬりえは子供の教育にお勧め?脳トレ効果あり?

子供が大好きな『ぬりえ』。 実は、ぬりえは子供の成長にとってよい効果があるのだと …

頭が良くなる(?)食べ物【チョコレート】

大人も子供も大好きな「チョコレート」。 ひと昔前であれば、チョコレートは「太る」 …