母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

【6ケ月の赤ちゃん】お勧めのおもちゃや遊び場は?

      2017/12/26

ねんねばかりだった赤ちゃんも、生後6ケ月頃になると好奇心旺盛になり、だんだんとできることが増えて来ます。

首が座り寝返りができるようになると、赤ちゃんの中には寝返りを繰り返しながら行きたい場所まで自力で移動する子も出て来ますよね!

そして、興味のあるものを口に入れたり、手で掴んだり、動きも活発になってきます。

さらに、あやすと声を上げて笑うようになって来て、感情表現がより一層豊かになる時期でもあります。

 

このように、誕生から大きな成長を遂げる生後6ケ月頃の赤ちゃんには、どのようなおもちゃや遊び場が適しているのでしょうか?

 

今回は生後6ケ月前後の赤ちゃんへ「お勧めのおもちゃや遊び場」についてご紹介して行きます。

 

スポンサーリンク

 

6ケ月頃の赤ちゃんの好きな遊びは?

話しかけても反応の薄かったねんねの赤ちゃんと違い、生後6ケ月にもなってくると動きが活発になり笑顔も多く見られるようになってきます。

これまで子育てを辛く感じていた方でも「やっと育児を楽しめるようになってきた!」という瞬間が増えてくるのではありませんか?

赤ちゃんとのコミュニケーションを増やし、育児をもっと楽しむために、この時期の赤ちゃんが好む遊びについて知っておくといいでしょう。

 

生後6ケ月の赤ちゃんというのは、音に興味を持ち始め、体を動かすことを楽しむようになってくる時期です。

視力も発達してくるため、ハッキリした色に興味を示すことも多くなります。

ですから、「カラフルなもの」「音が出るもの」「赤ちゃんの手に握りやすい物」などを用意して一緒に遊ぶといいですね。

 

また、赤ちゃんを「高い高い」したり、ママが赤ちゃんを抱いて踊ったり体を動かしてあげると非常に喜ぶと思います。

 

その他、手先が器用になって来ますので、音楽や歌と一緒に「手遊び」なども楽しめます。

 

こうしてみると、今までよりも格段にママと赤ちゃんの遊びの幅が広がって来るのが生後6ケ月頃と言えますね!

 

スポンサーリンク

 

6ケ月頃の赤ちゃんにお勧めのおもちゃは?

赤ちゃんの発達のためにも、楽しい時間を過ごすためにも「おもちゃ」というのはとても役立ちます。

では、生後6ケ月頃の赤ちゃんが興味を引くようなおもちゃとはどんなおもちゃなのでしょうか?

一般的に、生後6ケ月頃の赤ちゃんにお勧めとされるおもちゃをご紹介します。

 

・音で動くおもちゃ

赤ちゃんが「追いかけたい!」という欲求を抱かせるようなおもちゃがお勧めです。

例えば、「歩く犬のぬいぐるみ」や「音を出しながら走り回る車」「転がすと音が出るボール」などがあります。

 

・手に握りやすいカラフルなおもちゃ

赤ちゃんのおもちゃの定番「ガラガラ」は、一人遊びとして、また手で物を掴む練習として役立ちます。

ガラガラには、プラスチック・木・布・タオル生地で作られたものなど様々ですし、棒タイプ・輪っかタイプなど形状も様々ですからいくつか用意してあげるとよいと思います。

 

・動物などのパペット

パペットは、赤ちゃんとのコミュニケーションツールにぴったりです。

特に、赤ちゃんへの声掛けが苦手なママであれば、パペットを使えば声掛けしやすいのではないでしょうか。

上のお子さんがいるご家庭であれば、上のお子さんに遊んでもらうときにも役立ちます!

(「赤ちゃんへの声かけが苦手!声かけしないとどうなる?」に関連記事を書いています。)

 

・カラフルな仕掛け絵本

絵本でも十分楽しむことができますが、仕掛け絵本だとさらに赤ちゃんが興味を持つことが多いようです。

この時期の赤ちゃんはまだ絵本の内容が理解できませんから、絵本の内容に興味を持つというよりは、仕掛けそのものに興味を持つと言えそうです。

ただ、紙の絵本は赤ちゃんにビリビリにされてしまう可能性大なので、そんな方は赤ちゃんが口に入れても安心な布絵本だと安心です。

 

・遊べるクッション

腰がだんだんと据わってくるこの時期、赤ちゃんは寝た状態よりも座った状態を好むようになります。

ですから、赤ちゃんのお座りをサポートしてくれる丸状のクッションに、赤ちゃんが遊べる仕掛けが施されているものでれば、お座りしながら遊ぶことができます。

また、座って遊べる知育ジムなら、活用の幅が広がります。

 

(「赤ちゃんへクリスマスプレゼント!月例に合ったおもちゃは?」に関連記事を書いています。)

 

6ケ月の赤ちゃんのお勧めの遊び場は?

6ケ月の赤ちゃんは、まだ上手にお座りができませんし立つこともできません。

さらに、何でも口に入れてしまう時期です。

赤ちゃんを外に連れて遊びに行きたいと思っても「公園の砂場は連れて行きたくない」と考える方は多いものです。

 

そんなときは、ショッピングモールなどに入っている赤ちゃん用の遊び場を利用してみてはいかがでしょうか。

室内遊具場の中でも、「赤ちゃん専用スペース」が設置させているところであれば、大きなお子さんに気を使わずに遊ばせることができます。

さらに、いろいろな種類のおもちゃが準備されていますから、赤ちゃんがどんなものに興味を示すか、どんな遊びを好むのかを知るためにもお勧めです。

 

また、地域の子育て広場や児童館などがあればぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんというのは、同じ年頃の赤ちゃんにも興味を持ちます。

いつも家でママとばかり遊んでいる赤ちゃんであれば、ほかの赤ちゃんとの触れ合いはよい刺激になるでしょう。

またママにとっても、他の赤ちゃんを見ることでご自身の赤ちゃんの成長を客観的に見ることもできます。

 

さらに、ママ同士「大人のコミュニケーション」を取ることができれば、ママの気分転換にも繋がります。

ママの中には、「こういう場所で人と関わるのは苦手」と感じる方もいらっしゃると思いますが、そんなに大きく考える必要はありません。

どの人もみな「赤ちゃんを中心とした時間」を過ごしているのですから、その合間にタイミングが合えば話をすればいいのであって、必ずしも誰かと話しをしなければならないわけではないのです。

あなたが合わせなければならない相手は「どこかのママ」ではなく「あなたの赤ちゃん」なのですから、もっと自由に気楽な気持ちで公共の遊び場へ出かけてみて下さい!

 

おわりに

赤ちゃんが生まれると、いろいろなおもちゃを買い与えたくなりますが、せっかく買ってあげてもまったく遊んでくれない・・・ということもあります。

赤ちゃんによって、キャラクターの好みや素材や音の好みなど異なりますから、おもちゃ選びとは本当に難しいものです。

(我が家には、使わないおもちゃが山ほどあります・・・)

また、子育て広場に出向くのに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、あくまでもそこで楽しむは「赤ちゃんとママ」です。

周囲の目などを気にせず、赤ちゃんのために出向いてみて下さいね。

そしてもしタイミングが合えば、ぜひほかのママと話をしてみて下さい!

専門家に聞くほどのことではない、ほんの些細な悩みや疑問を気軽に話せる場所がこのようなところなのです。

もしかしたら、子育て広場があなたの「息抜きの場」となるかもしれませんよ!

 

スポンサーリンク

 - 赤ちゃんの悩み・育児トラブル

  関連記事

赤ちゃんがいる部屋の虫除け方法は?

大人の私達であっても、虫に刺されるとかゆみや痛みが出てくることがあります。 虫刺 …

赤ちゃんに日焼け止めクリームは必要?使い始める時期は?

生まれたばかりの赤ちゃんは、生後1か月を過ぎるまで外に出さないことがほとんどです …

赤ちゃんへ日焼け止めクリームと虫除けスプレーを塗る順番は?

赤ちゃんを連れて公園や海や山へお出かけするとき・・・。 気になるのが、「日焼け」 …

寝てるとき赤ちゃんの手が冷たい!紫色でも大丈夫?

冬の時期だけでなく、春や秋など涼しい季節に新生児の赤ちゃんを迎えたみなさん! & …

赤ちゃんはタバコの臭いが嫌いって本当?

「タバコを吸った後、赤ちゃんを抱っこしようとしたら嫌がられた」「タバコを吸ったパ …

赤ちゃんの爪の形が悪いのは遺伝?爪の形は変わる?

生まれたばかりの赤ちゃんは小さいものですが、赤ちゃんの手はもっと小さいですよね。 …

赤ちゃんが頭突きしてくる理由は?やめさせるべき?

生まれたばかりの赤ちゃんは寝てばかりですが・・・。   生後数か月も経 …

赤ちゃんの口の中の異変!白いカスやブツブツの正体は?

言葉を話せない赤ちゃんの健康状態を知るために、ママは日々赤ちゃんの全身をチェック …

「赤ちゃん連れ」はよく声をかけられる!嬉しい or 困る?

赤ちゃんを連れて外出していると、見ず知らずの人からよく声をかけられませんか? ほ …

赤ちゃんの頭が大きいけど大丈夫?病気の可能性も?

赤ちゃんの頭の大きさは、体に比べて大きいですよね? それが赤ちゃんらしさでもあり …