母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

バストアップクリーム【ラ・シュシュ】

断乳・卒乳後のバストの悩みは深刻?!

母乳育児に励んで来たみなさん!

断乳・卒乳をし、母乳育児を終えた今、「大きな満足感」と「少しの寂しさ」を感じているのではないでしょうか?

授乳を通じて「ママと赤ちゃんとの絆」は、大いに育まれたと思います!

是非これからも、自信をもって子育てしていって下さいね。

 

断乳・卒乳後に残った悩みと言えば…。

 

垂れて、しぼんで、小さくなったバストではないでしょうか?

 

授乳中、パンパンに張っていたバストは、母乳育児を終えたとたん、無残にもしぼんでしまい、「シワシワのおばあさんの胸」のようになってしまいます。

バストが垂れて、バストトップの位置も下がってしまうと、さらに老けた印象になってしまう可能性もあります。

そして極めつけは、バストがしぼんだせいで、バストが小さくサイズダウンしてしまうこと!

バストが小さくなった方の多くは、2カップほど、サイズが小さくなってしまうことも、珍しくはないのです!

もともとバストが小さかった方は、ブラジャーを付ける必要もないほどの、貧乳になってしまい、バストへの悩みは増大するばかりではないでしょうか?

 

「噂では聞いてはいたものの、断乳・卒乳後は、これほどまでにバストが小さくなってしまうとは!」と、自分の胸を目の前に、深刻に悩んでいる方も少なくありません。

バストが、小さく垂れさがってしまうと、洋服がきれいに着こなせなかったり、水着を着る勇気が出なかったり、バストにコンプレックスを感じてしまうのではないでしょうか?

 

そんなバストへの悩みを改善し、「少しでも元のバストに戻したい」と願う方は、早速バストアップケアを始めてみませんか?

 

産後の深刻なバストの悩みから解放されたい方はこちら!

 

 

断乳・卒乳後に胸が垂れる原因は?

断乳・卒乳した途端、胸が小さくしぼんでしまうのは、なぜでしょうか?

産後に胸が小さく垂れる原因はこちらです。

 

★乳腺の衰退

授乳中は、母乳を作り出すために乳腺が発達しています。

断乳すると、役目を果たした乳腺は衰えてきます。

乳腺が衰えると、バストがしぼんでしまいます。

 

★体重減少

バストは「1%の乳腺」と「90%の脂肪」で作られています。

授乳のおかげで(?)痩せてしまった方や、産後ダイエットで脂肪が減った方は、バストが小さくなってしまいます。

 

★大胸筋の衰え

産後は赤ちゃんのお世話で忙しく、運動不足になりがちです。

胸を支える大胸筋が衰えていると、バストが垂れてしまいます。

 

★女性ホルモンの減少

授乳期間中は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が抑えられています。

なぜならエストロゲンは、母乳の分泌を抑制してしまうからです。

また、夜間の授乳などで睡眠不足が続いたり、育児ストレスが溜まっていることも、女性ホルモンの分泌を悪くする原因となります。

 

このように、産後にバストが「垂れる」「しぼむ」「小さくなる」のは、いくつかの原因が重なり合っています。

中でも女性ホルモンの減少は、産後のバストの大きさや形に大きな影響を与えると考えられます。

産後のバストアップは女性ホルモンが必須?

授乳中は、女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が抑えられています。

しかし、断乳・卒乳したにも関わらず、女性ホルモンの分泌量が元に戻らない方が多いそうです。

女性ホルモンを増やすためには、規則正しい生活、十分な睡眠、冷え性改善、ストレス軽減など、日常生活を改善する必要がありますが、食生活も重要です。

 

女性ホルモンの原料は、コレステロールです。

コレステロールと言えば「過剰摂取は健康を害する」というようなイメージがありますが、女性にとってコレステロールは、とても大切な栄養素です。

ダイエットを気にして、コレステロールを控えた食生活を続けていくと、バストアップするどころか、月経不順や無月経など、排卵トラブルにも発展しかねません。

 

そして、女性ホルモンを分泌する「卵巣」を元気にするには、たんぱく質、ビタミン、ミネラルが欠かせません。

肉、魚、卵、良質な油などを中心に、適度なコレステロールとたんぱく質をしっかり摂取するようにしましょう。

 

また、女性ホルモンを活性化させる食品として注目を浴びているのが、キャベツや海藻類、ナッツ類だと言われています。

これらの食品に含まれる「ボロン」という成分が、女性ホルモン「エストロゲン」を活性化させると言われています。

 

女性ホルモンと似た働きをすることで有名な「大豆イソフラボン」は、美容に気遣う女性たちの間で人気ですよね?

大豆イソフラボンを簡単に摂取できる「豆乳」を、毎日の食生活に取り入れてみるのもいいと思います。

 

産後のバストアップを成功させるためには、産後の低下した女性ホルモンの分泌量を元に戻すことが大切です。

女性ホルモンをアップさせるために、生活習慣や、食生活を改善してみるといいのではないでしょうか?

産後の垂れた胸をバストアップする方法は?

産後のバストアップのために、女性ホルモンの分泌量を増やすことが大切なのは、ご紹介したとおりです。

しかし、女性ホルモンの分泌量を増やしていくのは、時間のかかることですし、女性ホルモンだけでバストアップを成功させるのは容易ではありません。

 

体の内側から女性ホルモンを増やしていくのと同時に、体の外側からもバストアップケアを行って行きましょう!

体の外側からできるバストアップケアとしては、次のことを試してみて下さいね。

 

★胸の筋肉を鍛える

バストの下垂を改善するには、バストを支え、バストの土台である「大胸筋」を鍛えることが必要です。

目の前で両手を合わせ、プッシュし合いながら10秒ほどキープしたり、膝をついた腕立て伏せを行ったり、負荷の少ない筋トレでも十分です。

大胸筋を鍛えることで、バストが底上げされれば、バストを大きく見せる効果も期待できます。

 

★サイズの合ったブラジャーを付ける

サイズの合わないブラジャーは、バストの形を悪くします。

腕や脇の贅肉を、バストへ寄せ集める効果を狙ったブラジャーを使うことで、バストアップだけでなく、美しいバストをキープすることに繋がります。

 

★姿勢に気を付ける

猫背の姿勢では、バストが垂れさがる一方です。

赤ちゃんのお世話や抱っこは、どうしても前かがみになりやすいので、猫背にならないように気を付けましょう。

正しい姿勢をキープすることは、腹筋や背筋のトレーニングにもなります。

胸を張るだけでも、バストが大きく見えますよ!

 

★バストアップマッサージを行う

バストアップするには、バスト周辺の血行をよくすることが欠かせません。

バストマッサージを行って、血行が良くなれば、乳腺までしっかり栄養が行き渡るでしょう。

「冷え」は「貧乳」の原因になるそうですよ!

血行が良くなれば、バストに張りがうまれ、バストの下垂が改善されるかもしれませんね。

 

★バストアップクリームを塗る

バストアップクリームには、バストに張りを与える「バストアップ成分」が含まれています。

有効成分を肌へ直接塗り込むため、より高いバストアップ効果が期待できると言われています。

バストアップクリームを塗ることで、バストマッサージ効果も得られますので、その相乗効果として、さらなるバストアップに繋がって行くと考えられます。

 

産後の深刻なバストの悩みから解放されたい方はこちら!

 

 

バストアップ効果を得やすいバストアップクリームの選び方は?

バストアップを行うには、体の内側だけでなく、外側からのケアも大切です。

外側から行うケアの方法としては、先ほど述べたように、バストアップクリームを塗る方法があります。

バストアップクリームは、塗るだけでバストアップが期待できますので、赤ちゃんのお世話で忙しいママにはありがたい方法ですよね?

 

バストアップクリームを選ぶなら、含まれる成分に気を付けなければなりません。

バストアップ成分が含まれていない、名ばかりのバストアップクリームも多数あるからです。

 

バストアップや女性ホルモン増加に有効な成分として「プエラリア」が有名ですが、最近では「プエラリア」に代わる新しい成分として「ボルフィリン」という成分が注目されています。

「ボルフィリン」には、脂肪を分化させて増やし、蓄える働きがあります。

「ボルフィリン」を塗ることによって、肌の弾力や張りをアップする効果が期待できますので、産後の垂れたバストや、しぼんだバストに、有効だと思われます。

バストアップクリームを選ぶ際は、「ボルフィリン」が含まれているものを選びましょう!

バストアップクリーム【ラ・シュシュ】をお勧めする理由は?

バストアップクリームは、肌に塗ることによって、バストアップ成分がダイレクトに皮膚に浸透します。

そのため、サプリメントなどと違って、バストアップを実感しやすいという特徴があります。

 

バストアップクリームを選ぶ際は、先ほどご説明したように、バストアップに期待できる成分「ボルフィリン」が含まれているものを選ぶようにしましょう。

そして、産後の敏感肌にも安心な、無添加で低刺激な、肌に優しいバストアップクリームがお勧めです。

 

そんな条件をクリアしたバストアップクリームが「ラ・シュシュ」です。

 

「ラ・シュシュ」には、もちろん「ボルフィリン」が配合されています。

「ラ・シュシュ」は、ほかの商品と違って、バストアップ成分がナノ化されているため、肌の奥まで浸透しやすいという特徴があります。

そのため、

◎ 「ラ・シュシュ」を使い始めて、バストが柔らかくなり触感がよくなった
◎ バストに張りが出てきた

と、バストの変化を実感できたという口コミが、たくさんありますよ!

 

「ラ・シュシュ」には、「ボルフィリン」以外にも、バストの老化防止、バストのアンチエイジング、バストのシワを防ぐ美容成分も配合されているため、若い世代だけでなく、30代40代の女性達にも人気があります。

 

では、「ラ・シュシュ」の安全性についてはどうなのでしょうか?

 

「ラ・シュシュ」は防腐剤やパラベンなどの余計な添加物は使用していません。

 

肌の弱い方や産後の過敏な肌にも、安心して使うことができると思います。

実際に、多くの「産後の女性」からも支持されているようです。

 

「@コスメ」や「楽天ランキング」でも一位を獲得している「ラ・シュシュ」なら、安心して使うことが出来そうですね。

 

産後のバストアップに成功したら?

産後の小さく垂れさがったバストに、嫌気がさしているみなさん。

元のバストを取り戻したいけど、豊胸手術は怖いし、サロンに通うのは経済的にも時間的にも余裕がないし、豊胸サプリメントは副作用が気になるし…と、どんなバストアップケアを行うべきか、わからない方も多いと思います。

 

「手軽に」「安全に」「低価格に」バストアップを目指したいなら、やはりバストアップクリームがお勧めです!

 

バストアップクリームを塗り続けることで、バストにハリを取り戻せたら、胸元の開いた洋服も着こなせますね!

バストに自信が持てれば、気分だって明るくなります!

 

今はまだ、よちよちの赤ちゃんも、もう少しすれば海やプールを楽しめる年齢に成長するでしょう。

そんなとき、ママが堂々と水着を着こなし、一緒に水遊びを楽しんでくれたら、お子さんだって大喜びするはずです!

 

「出産したから…」「母乳育児をしてきたから…」と諦めず、産後のバストアップに取り組んでみませんか?

 

産後の深刻なバストの悩みから解放されたい方はこちら!

 

 

公開日: