母乳育児を楽しむブログ

母乳育児でお悩みの方へ!3人の子供を完母で育てたママが母乳育児中にいい食べ物、授乳中のトラブル対処法をご紹介。

*

ジニエブラ

産後のバストにコンプレックスを感じていませんか?

断乳・卒乳を迎えたみなさん!

役目を果たしたバストは、無残にもしぼんで垂れさがり、サイズも小さくなってしまったのではないでしょうか?

母乳育児というすばらしさと引き換えにやってくるのは…「バストの悩み」なんですよね…。

 

しかし、産後のバストで悩んでいるのは、あなただけではありません!

 

中には、ミルクがメインで母乳は少しという方や、ミルクオンリーの方でも、バストが垂れてしまう女性は多くいらっしゃいます。

産後にバストが「垂れてしまった、形が崩れた、小さくしぼんだ」という悩みを抱えながら毎日を過ごすのは、嫌ではありませんか?

バストへのコンプレックスのせいで、自分自身に自信を持てず、着たい服が着れず、水着なんてもってのほか!という事態を避けるために、少しでも理想のバストに近づいて行きませんか?

 

「母乳育児を行ってきたのだから…」と諦める必要はありません!

私自身も、産後のバストの悩みは大きく、現在も悩み中ですが、バストアップに努めています!

妊娠前のバストに戻すことは難しいとしても、少しでも現在のバストの悩みを改善できるように、一緒にバストアップを行って行きましょう!

 

産後のママも実感できるナイトブラはこちら!

 

 

産後にバストが垂れて小さくなる原因は?

産後にバストが垂れて小さくなってしまうのは、どうしてなのでしょうか?

その原因をあげてみます。

 

①乳腺が衰えたため

妊娠中から授乳中に発達していた乳腺は、「母乳育児」という役目を終えると、衰退していきます。

バストは、「1%の乳腺」と「90%の脂肪」から作られていますので、乳腺が衰えることで、バストが小さくなってしまいます。

 

②クーパー靱帯が断裂したため

バストは「クーパー靱帯」という靱帯で支えられています。

妊娠中から授乳中にかけて、バストは大きくなりますので、その重みのせいでクーパー靱帯が切れてしまうことがあります。

クーパー靱帯は一回切れてしまうと元に戻らないため、バストは一度垂れると、元に戻らないのです。

 

③胸の筋力が低下したため

妊娠中から産後にかけては、運動不足になりがちです。

筋トレをする時間もないほどですよね?

そのため、胸の筋肉である大胸筋の力が低下してしまい、バストが垂れさがってしまいます。

 

④女性ホルモンのバランスの乱れ

授乳中は、母乳を分泌するために、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が抑制されています。

バストアップには「エストロゲン」が必要なので、エストロゲンが低下している産後の体は、バストが小さくなりやすいと考えられます。

 

産後の垂れた胸をバストアップする方法は?

産後の垂れたバストを改善するには、生活習慣や食生活など、総合的にバストアップケアを行っていく必要があります。

そのために、次のことを試してみましょう。

 

1、大胸筋を鍛えるために腕立て伏せを習慣にしてみましょう。

大胸筋はバストを支える筋肉なので、大胸筋を鍛えることは、バストの下垂改善に効果的です。

3日坊主では意味がありませんので、習慣にできるといいですね。

膝を付いた腕立て伏せや、壁を使った腕立て伏せなら、負荷が軽くなりますので、女性でも取り組みやすいと思います。

 

2、夜間の睡眠をしっかりとりましょう

バストアップに欠かせない女性ホルモンは、寝ている間に分泌されます。

そのため、夜間はしっかり睡眠を取るようにしましょう。

 

3、冷え性を改善しましょう

体が冷えていると、血行が悪くなり、バストまで栄養が届きにくくなります。

「冷え性は貧乳に繋がる」とも言われているとか!?

全身の血行が良くなれば、肌の代謝もよくなり、バストのツヤやハリもアップするでしょう。

 

4、たんぱく質をしっかり取りましょう

体の組織を構成するのが、たんぱく質です。

授乳中の母乳トラブルを防ぐために、「粗食」を行ってきた方は、肉などのたんぱく質をしっかり食べるようにしましょう。

良質なたんぱく質を含む大豆製品には、女性ホルモンと同じ働きをする「大豆イソフラボン」が含まれていますので、大豆製品もお勧めです。

 

5、クーパー靱帯が切れにくい生活をしましょう

バストを支えるクーパー靱帯は、切れてしまうと元には戻りませんので、クーパー靱帯が切れにくい生活を心掛けましょう。

上下の揺れは、クーパー靱帯が切れやすくなります。

運動するときは、ブラジャーをし、バストが揺れないように固定しましょう。

また、クーパー靱帯を保つには、バストアップマッサージを行うといいそうです。

バストアップマッサージを行う際は、バストアップ専用のクリームを使うと、相乗効果が期待できるでしょう。

 

6、サイズの合ったブラジャーをつけましょう

サイズの合わないブラジャーを付けていると、バスト周辺の血行が悪くなり、バストアップが期待できなくなります。

サイズの合ったブラジャーに変えただけで、カップのサイズが上がった方もいらっしゃいますよ!

 

産後のママも実感できるナイトブラはこちら!

 

ナイトブラでバストアップできる?

産後のバストアップを目指すには、運動、生活習慣、冷え症改善、食事など、気を付けなければならないことがたくさんあります!

産後の忙しいママにとっては、あれもこれも行うのは、大変ですよね?

バストアップケアにじっくり取り組むことが難しいママにとってお勧めなのが「ナイトブラ」です。

「着けるだけ」ですから、とても簡単だと思いませんか?

 

最近はやりのナイトブラですが、本当にバストアップ効果が得られるのでしょうか?

ナイトブラが、バストアップに期待できる理由はこちらです。

 

★睡眠中もクーパー靱帯を守る!

睡眠中にブラジャーを着けていないと、バストが脇や上下へ、あちこちに流れてしまいます。

そのため、睡眠中はクーパー靱帯が切れる可能性が高まってしまいます。

ナイトブラを着用することで、睡眠中にクーパー靱帯が切れるのを予防できるそうです。

 

★睡眠中のバストの変形を防ぐ!

睡眠時は、バストの肉が上下左右へ流れてしまいますし、うつぶせ寝の場合、バストが潰れた状態になっています。

例えば、毎日7時間の睡眠を取っている方の場合、7時間もの間、バストを潰し続けていては、バストの形が悪くなってしまうのも仕方ありません。

バストアップブラは、睡眠時にバストが脇に流れるのを防ぎ、バストの形が崩れるのを最小限に抑えることに役立ちます。

また、睡眠時もバストに谷間を作っておくことは、バストアップに繋がります。

 

★夜間はバストが成長するゴールデンタイム!

バストアップに必要な女性ホルモンが分泌されるのは「夜間」です。

つまり、夜間は「バストアップに効果的な時間帯」なのです。

夜間に、バストアップ専用のナイトブラを着けることは、バストの下垂を予防し、バストの形を整え、バストアップを成功させてくれるでしょう。

 

バストアップ効果が高いナイトブラの選び方は?

最近は、ナイトブラを着用する女性が増えてきたこともあり、ナイトブラの種類も豊富になってきました。

そのため、「どんなナイトブラを選んだらいいかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

バストアップ効果が期待できる「ナイトブラの選び方」をご紹介します。

 

★ノンワイヤー&ホールド力

ナイトブラは、睡眠時に使用するものなので、ノンワイヤーが基本です。

しかし、ノンワイヤーであるものの、バストの肉を脇から集めてしっかりキープし、谷間を作ってくれる安定感のあるナイトブラが必要です。

バスト全体を包み込んでくれるものがお勧めです。

 

★伸縮性

睡眠時にずれたりしないよう、伸縮性のよいものを選びましょう。

伸縮性の悪いブラジャーは、窮屈なあまり体調が悪くなってしまったり、血行が悪くなってしまったり、睡眠を妨げる原因にもなります。

これでは、バストアップどころが、貧乳になってしまいますね。

 

★通気性

睡眠中も、人はたくさんの汗をかいています。

通気性の悪いナイトブラでは、汗で蒸れてしまったり、痒みの原因となる可能性があります。

薄手の生地のナイトブラを選ぶことも大切です。

 

★サイズ展開

ナイトブラは、伸縮性がよく作られているものが多いため、サイズがワンサイズしかない、という商品もあります。

しかし、体の大きさ、バストの大きさは個人差が大きいので、「どんな体形の人にも同じサイズ」というのは難しいのではないでしょうか?

ノンワイヤーのナイトブラの場合、細かいサイズ展開はありませんが、できるだけ S、M、L など、3サイズくらいはサイズ展開している商品がお勧めだと思います。

 

★昼夜兼用

ブラジャーの役割は、昼間と夜間では異なります。

昼間は「バストを下から持ち上げる働き」が求められ、夜間は「上下左右に流れるバストをかき集める働き」が求められます。

そのため、昼間のブラジャーは、ナイトブラとして代用することはできません。

そして、ナイトブラは、睡眠中に着けることを前提に作られているので、昼間のブラジャーとして代用することはできません。

しかし、ブラジャーを昼用・夜用にそれぞれ使い分けるのは面倒ですし、コストもかかりますので、昼夜兼用で使えるナイトブラを選ぶと経済的です。

 

★パッド付き

ナイトブラの中には、睡眠中に着用することを考えて、「パッド」が付いていない商品もあります。

薄手のTシャツを着た場合、パッドなしのブラジャーでは、乳首が透けて見えてしまうものもありますので、パッド付きのナイトブラの方が使いやすいと思います。

 

ジニエブラをお勧めする理由は?

数あるナイトブラの中から、私がお勧めするのは「ジニエブラ」です。

ジニエブラは、ナイトブラを着用する女性たちの間で、大ヒットとなっていますよね?

ジニエブラが、多くの女性たちから支持されている理由はこちらです。

 

★優れたホールド力

ジニエブラは、もちろんノンワイヤーですが、脇に流れるお肉をバストにかき集め、しっかりホールドしてくれます。

バスト周辺のお肉をしっかりとかき集めてキープしてくれますので、貧乳の方でも谷間が生まれるかもしれません!

優れたホールド力のあるジニエブラは、バストを支えるクーパー靱帯と同じような働きをしてくれるでしょう。

 

★背中や脇がすっきり見える

ジニエブラは、背面が幅広くなっていますので、背中や脇についた贅肉をすっきり見せる効果が期待できます。

ジニエブラを着用すると、背中の肉の段差がなくなって、背中美人になれそうですよ!

 

★授乳中でも使える

ジニエブラは、授乳ブラとしても使えますので、授乳中からバストケアを始めたいママにもお勧めです!

授乳中からジニエブラを使っておくことで、断乳後のバストの下垂を最小限に抑えたり、バストの形が崩れるのを防ぐことができるかもしれません!

早めのバストアップケアを行いたい方にお勧めです!

 

★豊富なサイズ展開

ジニエブラのサイズは、S~4Lまであります。

バストの大きい方から小さい方まで、すべての方のお悩みに対応してくれるでしょう。

 

★昼夜兼用できる

ジニエブラは、ナイトブラですが、昼間の着用にも使うことができます。

バストをしっかり支えつつ、付けていることを忘れるくらいの気持ちいい着け心地なので、24時間着けていても気になりません。

長時間ジニエブラを付けていれば、さらにバストアップ効果が期待できるでしょう!

 

 

ジニエブラは、「バストアップ効果」と「快適さ」を追求したナイトブラであることは、間違いないようですね!

人気のジニエブラを試してみたいと思いませんか?

 

ジニエブラは信用できる?

ジニエブラは、産後のママだけでなく、10代から90代まで、幅広い世代の女性の間で使われているそうです!

ジニエブラは、楽天ランキングでも1位を獲得している大人気商品ですし、実際に購入した方の90%以上の方から高い評価を得ているようです。

 

とは言え、「自分の体に合うか」「着け心地はどうか」と気になりますよね?

ジニエブラは、そんな方のために、「30日間の返品返金保証」が付いています。

たとえ着用した後でも、体に合わなかった場合は、返品・返金してもらえますので、気軽に試すことができると思います!

 

ジニエブラで産後のバストアップに成功したら?

産後にバストが垂れて、小さくなってしまうのは、ある意味仕方ありません。

しかし、そこで諦めてしまい、バストアップケアを行わなければ、バストはもっと垂れて、小さくなっていく一方です。

ジニエブラで、正しいバストアップケアを行って行けば、胸のサイズが上がるかもしれません!

ジニエブラを着用するだけで、バストの形が、整ってくるかもしれません!

 

自分のバストに少しでも自信を持てれば、おしゃれをもっと楽しめるようになるでしょう!

つけ心地のいいブラジャーなら、体も動きやすくなり、家事や赤ちゃんのお世話もしやすくなるでしょう!

そして、何と言っても、快適な気分で過ごすことができるでしょう!

 

ママ自身が、快適な生活を送り、明るい気分で居続けることは、一緒にいるお子さんもハッピーな時間を過ごせるはずです!

ジニエブラで、産後のバストアップを目指し、バストの悩みから解放されませんか?

 

産後のママも実感できるナイトブラはこちら!

 

公開日:
最終更新日:2017/03/24